コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルイカ(蛍烏賊) ホタルイカfirefly squid

世界大百科事典 第2版の解説

ホタルイカ【ホタルイカ(蛍烏賊) firefly squid】

頭足綱ホタルイカモドキ科の小型イカ(イラスト)。地方名マツイカ,グミイカ。日本海全域,太平洋側では北海道以南から熊野灘にかけて分布し,水深200~1000mの深海にすむが,産卵期には浅海に雌が回遊する。全身に粒状の発光器があって,発光して美しく,魚津市の群遊海面は特別天然記念物に指定されている。生物発光の研究材料としても著名である。外套(がいとう)長5~6cmくらいで,外套膜は細長い円筒形で,ひれはひし形で外套膜の1/2くらい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホタルイカ(蛍烏賊)の言及

【富山湾】より

…比較的大陸棚の発達している西海区では,古くから定置網漁業が盛んで,ブリ,フクラギ,サバ,イワシなどを漁獲している。魚津や滑川(なめりかわ)の沖合には,4月から6月にかけて蜃気楼やホタルイカの群遊(群遊海面は特天)が見られる。【二神 弘】。…

※「ホタルイカ(蛍烏賊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android