コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンタイジ Hongtaiji

2件 の用語解説(ホンタイジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホンタイジ【Hongtaiji】

1592‐1643
中国,清朝の第2代皇帝。在位1626‐43年。廟号は太宗。太祖(ヌルハチ)の第8子。太祖の下でサルフの戦に抜群の功を立てるなど武将の誉れが高く,国政を処理する四大ベイレ(貝勒)の一人であった。即位後ただちに八旗制度の改革に着手し,皇帝の独裁権力の強化に努めた。この改革の完成したのち,1636年改めて皇帝の位につき,国号を大清と称し,改元して崇徳とした。対外面では,即位後,明とひとまず山海関を境界として和議をすすめ,かたや朝鮮に対しては,1627年朝鮮王仁祖を江華島に追い,これを屈服させて和議を結んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンタイジ
ほんたいじ / 皇太極
Hontaiji
(1592―1643)

中国、清(しん)朝第2代の皇帝(在位1626~43)。諡号(しごう)は文皇帝、廟号(びょうごう)は太宗。太祖ヌルハチの第8子。1626年太祖の死後、議政にあずかるベイレに推戴(すいたい)されてハン位についた。即位の翌年、明(みん)の武将毛文竜討伐を名目として朝鮮に侵入し、これを降伏させて義州に定期市を開かせた。ついで明との貿易の新たな窓口を求めてモンゴル高原にも進出し、29年には長城を越えて北京(ペキン)を包囲し、明の皇帝に講和を申し入れたが実現しなかった。35年には内モンゴルを平定した。
 彼は太祖とは異なり、多数の遼東(りょうとう)の漢人を受容し、中国的な王朝の成立を目ざし、1636年国号を大清と定め崇徳(すうとく)と建元し、明の諸制度を取り入れた。ここに満州人、漢人、モンゴル人をあわせた、明に対立する小中国としての清朝を発足させたのである。また同年、朝鮮を親征し、翌年臣属させ、38年にはハルハを討って外モンゴルの諸部も服属させた。その後、しばしばモンゴル高原より長城を越えて華北に侵入したが、山海関を落とすことはできず、明との講和も不成立のまま43年に52歳で没した。しかし、後を継いだ子の世祖順治帝は、翌年北京に入城し中国に君臨した。[松村 潤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホンタイジの言及

【清】より

…同年の彼の死は,この時の負傷が原因であったといわれる。 後を継いだ太宗ホンタイジ(皇太極)は,初め兄,従兄らとともに,4人の共同統治の形をとったが,36年(崇徳1),単独でハンおよび皇帝の位につき,国号を〈大清〉と改めた。その前年,彼は内モンゴルのチャハル部を圧服して大元伝国の玉璽(ぎよくじ)を入手していたから,これによって満・蒙・漢3族のハンおよび皇帝の位を一身で兼ねあわせたことになる。…

※「ホンタイジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホンタイジの関連キーワード永璘乾隆帝順治帝中宗東陵清朝成祖文帝皇太極康熙帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンタイジの関連情報