コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリショイ・バレエ団 ボリショイ・バレエだん Bolshoi Theatre Ballet

3件 の用語解説(ボリショイ・バレエ団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボリショイ・バレエ団
ボリショイ・バレエだん
Bolshoi Theatre Ballet

ロシアのバレエ団。モスクワボリショイ劇場に所属する。1776年創立され,のちに帝室の管理下に置かれて,1780年ペトロフスキー劇場を本拠とした。1825年同劇場にボリショイの名が冠せられたのに伴い,ボリショイ・バレエ団として付属のバレエ学校とともに世界に名を知られるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ボリショイ・バレエ団

ロシアのモスクワを拠点とするバレエ団。1776年にボリショイ劇場のバレエ団として設立。旧ソ連時代はボリショイ劇場が同国の中心的な劇場として位置づけられ、1920年代以降、マリインスキー劇場から多くの人材が移籍した。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボリショイ・バレエ団
ぼりしょいばれえだん
Балетная Труппа Большого Театра Baletnaya Truppa Bol'shogo Teatra

モスクワのボリショイ劇場に本拠を置くロシアのバレエ団。正式名称ロシア国立ボリショイ劇場バレエ団。1773年にモスクワの孤児院の児童のためにバレエの教習が始められ、そのクラスを母体にした一座が1776年に設立されたことに始まる。これが1780年にペトロフスキー劇場付属のバレエ団となり、1825年同劇場を改築したボリショイ劇場の開場とともにその付属のバレエ団となった。19世紀初頭からC・ディドロ、C・ブラシス、M・プチパらの外国人教師を招くとともに、振付けを依頼し、19世紀末には西欧以上の発展を遂げることになった。プチパは『ジゼル』などのフランスのバレエをロシアに持ち込むとともに、『ドン・キホーテ』『白鳥の湖』などを振り付けた。振付師ゴルスキー、ゲリツェル、モルドキンチホミーロフらのダンサーが活躍した。ロシア革命(1917)以前はペテルブルグの帝室マリンスキー劇場に一歩後れをとっていたが、革命でモスクワに首都が移って以降、旧ソ連バレエ界の二大潮流となった。革命後は、メッセレルモイセーエフセミョーノワゲルトレペシンスカヤウラーノワプリセツカヤらのダンサー、ワイノーネン、ザハロフラブロフスキーらの振付師が活躍。『赤いけし』『シンデレラ』『スパルタクス』など、社会主義リアリズムに沿った作品も多い。ソ連崩壊後も活動は変わらず、ダンサーではウラジーミロフ、ベスメルトノワ、マクシモワ、アナニアシビリ、ファジェーチェフらが活躍。芸術監督グリゴロービチワシリエフロジェストベンスキーらが務める。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボリショイ・バレエ団の関連キーワードボリショイ劇場リエパ劇場広場ボリショイ劇場管弦楽団インペリアル・ロシア・バレエ団国立モスクワ音楽劇場バレエ団ボリショイ劇場バレエモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団ボリショイ・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボリショイ・バレエ団の関連情報