ボース(英語表記)Bose, Satyendra Nath

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボース
Bose, Satyendra Nath

[生]1894.1.1. カルカッタ
[没]1974.2.4. カルカッタ
インドの物理学者。カルカッタのプレジデンシー・カレッジで学び,ユニバーシティ・カレッジ講師 (1916) ,ダッカ大学助教授 (23) 。フランスとドイツに留学 (24) ,帰国後,ダッカ大学教授 (27) ,カルカッタ大学教授 (45) 。 1923年光量子に対する量子統計を見出し (→ボース統計 ) ,M.プランクの放射式を導いた。この論文はアインシュタインに送られ,彼の手でドイツ語に翻訳され,出版された。またアインシュタインはその後ボースの考えを発展させたので,この統計はボース=アインシュタイン統計とも呼ばれている。この統計に従う粒子は,彼の名にちなんでボソンと呼ばれている。ロンドン・ロイヤル・ソサエティ会員 (58) 。

ボース
Bose, Subhas Chandra

[生]1897.1.23. オリッサ,カタック
[没]1945.8.19. 台北
インドの民族独立運動家。 1920年インド文官職採用試験に合格したが,翌年任官を辞退し,M.ガンジーの反英非協力運動に参加。 38,39年にインド国民会議派総裁に選出されたが,ガンジーとそりが合わず脱退,39年4月「フォワード・ブロック」を結成。 41年1月インドを脱出しベルリンに向った。 43年5月海路日本に到着,7月シンガポールインド国民軍の指揮権を掌握。大東亜共栄圏構想に乗じて,同年 10月 21日自由インド臨時政府を樹立,武力によるイギリス権力打倒をはかった。日本降伏直後,台湾で飛行機事故で死亡。

ボース
Beauce

フランス北部,パリの南西からオルレアンの森へつながる石灰岩台地から成る地方。ロームにおおわれた肥沃な土地で,フランス有数の穀倉地帯。小麦とテンサイ主産物。平坦な景色を村々の聖堂の尖塔が彩る。おもな町はシャルトルシャトーダン,エタンプなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボース(Satyendra Nath Bose)

[1894~1974]インドの物理学者光量子に関する量子統計の方法を導出し、1924年アインシュタインに論文を送付。アインシュタインがこれを光子から気体分子に拡張して展開する端緒となった。

ボース(Subhāsh Chandra Bose)

[1897~1945]インドの民族主義者。国民会議派指導者の一人。第二次大戦開始とともに、ドイツ・日本などとの協力による反英・独立闘争を企図し、インド国民軍を組織して日本軍に協力したが失敗。飛行機事故で死亡。チャンドラ=ボース。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボース

インド独立運動の指導者。インド総督暗殺計画が失敗して官憲に追われ,1915年日本に亡命した。新宿〈中村屋〉主人の相馬夫妻にかくまわれ,夫妻の娘と結婚した。日本の軍勢力と結んでインド解放を達成せんとし,インド国民軍の創設に関係した。

ボース

インド独立運動の指導者。ケンブリッジ大学卒業後,ガンディーの対英不服従運動に参加。しばしば投獄された。国民会議派左派に属し,その指導者の一人であったが,主流派と意見が合わず1939年除名。1941年インドを脱出してドイツに渡り,インド独立のためにドイツの対英戦争を支持した。次いで1943年日本に亡命,日本軍の支持のもとにインド国民軍を組織した。台北で飛行機事故死。
→関連項目インパール作戦大東亜会議

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ボース Bose, Subhas Chandra

1897-1945 インドの独立運動家。
1897年1月23日生まれ。国民会議派の左派指導者で,ガンジーと対立し離党する。第二次大戦中は反英運動で拘留され,のちドイツへ脱出。昭和18年来日し,その後シンガポールに自由インド仮政府を樹立した。1945年8月18日台湾での飛行機事故で死亡。48歳。ベンガル地方出身。ケンブリッジ大卒。

ボース Bose, Rash Behari

1886-1945 インドの独立運動家。
1886年3月15日生まれ。大正4年(1915)日本に亡命,おなじく亡命中の孫文と親交をむすぶ。国外退去令をうけたが頭山満(とうやま-みつる)らの助けで東京新宿中村屋の相馬愛蔵黒光(こっこう)夫妻のもとにかくれた。相馬家の長女俊子と結婚し,12年日本に帰化。中村屋の「カリーライス」の生みの親。昭和20年1月21日死去。60歳。ベンガル地方出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボース【Rash Bihari Bose】

1886‐1945
インド民族運動の指導者。日本に長く在住して〈中村屋のボース〉として有名。1908年ごろからベンガル民族運動を指導し,当時の風潮のなかでテロリズム系の運動を行う。12年,インド総督ハーディングに爆弾を投てきして負傷させたが,15年ラホール兵営反乱は失敗に終わった。15年,訪日し時を同じくして亡命中の孫文と邂逅し,知遇を得た。その年の11月,イギリスの圧力による国外退去令に際して,孫文,頭山満などの助けにより,中村屋主人の相馬愛蔵・黒光夫妻のもとに隠れた。

ボース【Subhas Chandra Bose】

1897‐1945
インドの政治家。インドの独立を目ざした民族運動の指導者。ベンガル州の富裕な名家に生まれ,ケンブリッジ大学卒業。インド高等文官試験(I.C.S.)に優秀な成績で合格したが,たまたまマハートマー・ガンディーの呼びかけたインド政庁への非協力・不服従運動にこたえて,高等文官になることを辞退し,民族運動に参加した。たちまちベンガル地方の指導者D.C.R.ダースに認められてぬきんでた若手指導者となった。1924年インド国民会議派カルカッタ支部執行委員を皮切りに,運動中逮捕されて拘留中にもベンガル州立法参事会議員に選出され,さらにカルカッタ市長にも選ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ボース【Bose】

〔Satyendra Nath B.〕 (1894~1974) インドの物理学者。アインシュタインに送付した論文の中で、プランクのエネルギー分布式をボース統計として知られる方法で導き(1924年)、アインシュタインが光子から気体分子にまで拡張する端緒を与えた。
〔Subhas Chandra B.〕 (1897~1945) インドの政治家。反英不服従運動に参加。国民会議派の急進的指導者としてガンジーと対立。第二次大戦にはドイツ・日本に頼って反英独立を叫び、日本軍のインパール作戦に協力したが失敗、台湾で事故死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ボース

生年月日:1886年3月15日
インドの独立運動家
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボースの関連情報