コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポテンシャル論 ポテンシャルろん potential theory

3件 の用語解説(ポテンシャル論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポテンシャル論
ポテンシャルろん
potential theory

力学で,ベクトル量の力 F の代りにスカラー量のポテンシャル を考えれば,力は ,すなわち,力の成分は で与えられる。静電場 E や静磁場 H に対しても同様な電気ポテンシャル (電位) ,磁気ポテンシャル (磁位) が考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポテンシャルろん【ポテンシャル論 potential theory】

ベクトル場FがスカラーUによってF=-gradUと表されるとき,UFのポテンシャルという。 例えば,三次元空間の,集合Eを占める物体Mがあり,点QEにおける密度がρ(Q)のとき,万有引力の定数をGとおけば,物体Mによる重力の場Fは,ポテンシャル,の-gradUに等しい。 PP(x,y,z)とすると,この関数はポアソンの方程式,をみたす。したがって,とくに,Eの外点では⊿U=0をみたす。つまり調和関数である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポテンシャル論
ぽてんしゃるろん
theory of potential


とし、関数u(x,y,z)=-1/rを考えると、原点にある質量1の質点と、(x,y,z)にある質量1の質点の間の引力は、ベクトル

で表される。このとき、関数u(x,y,z)を重力場Fのポテンシャルという。
 このように、ベクトル場F(x,y,z)が、関数u(x,y,z)により

の形で表されるとき、u(x,y,z)をF(x,y,z)のポテンシャルという。
  F(x,y,z)
   =(f(x,y,z),g(x,y,z),
    h(x,y,z))
がポテンシャルをもつ必要十分条件は
  rotF=0すなわち、

である。[洲之内治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポテンシャル論の関連キーワードスカラー基本ベクトル固有ベクトル線形写像単位ベクトル波数ベクトルベクトル空間面積分ベクトル量ヘルムホルツの分解定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone