ポテンシャル論(読み)ポテンシャルろん(英語表記)potential theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポテンシャル論
ポテンシャルろん
potential theory

力学で,ベクトル量の力 F の代りにスカラー量のポテンシャル を考えれば,力は ,すなわち,力の成分は で与えられる。静電場 E や静磁場 H に対しても同様な電気ポテンシャル (電位) ,磁気ポテンシャル (磁位) が考えられる。ポテンシャル は物質 (または電荷,磁荷) が体積密度 ρ で分布するところ,および分布しないところで,それぞれ次の式を満足する。
物質 (電荷,磁荷) の分布が既知のとき,これらの偏微分方程式の境界値問題の解としてポテンシャル を求め,力場 (電場,磁場) を定めるなど,ポテンシャルに関する数学をポテンシャル論という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポテンシャルろん【ポテンシャル論 potential theory】

ベクトル場FがスカラーUによってF=-gradUと表されるとき,UFのポテンシャルという。 例えば,三次元空間の,集合Eを占める物体Mがあり,点QEにおける密度がρ(Q)のとき,万有引力の定数をGとおけば,物体Mによる重力の場Fは,ポテンシャル,の-gradUに等しい。 PP(x,y,z)とすると,この関数はポアソンの方程式,をみたす。したがって,とくに,Eの外点では⊿U=0をみたす。つまり調和関数である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポテンシャル論
ぽてんしゃるろん
theory of potential


とし、関数u(x,y,z)=-1/rを考えると、原点にある質量1の質点と、(x,y,z)にある質量1の質点の間の引力は、ベクトル

で表される。このとき、関数u(x,y,z)を重力場Fのポテンシャルという。
 このように、ベクトル場F(x,y,z)が、関数u(x,y,z)により

の形で表されるとき、u(x,y,z)をF(x,y,z)のポテンシャルという。
  F(x,y,z)
   =(f(x,y,z),g(x,y,z),
    h(x,y,z))
がポテンシャルをもつ必要十分条件は
  rotF=0すなわち、

である。[洲之内治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android