ポリアクリロニトリル(英語表記)polyacrylonitrile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクリロニトリルの重合体で,アクリル繊維の主要成分。重合はラジカル重合により,通常水溶液重合または乳化重合で行われる。白色または黄色の固体軟化点が高く,加熱すると溶融することなく 300℃以上で分解する。他のビニル単量体との共重合体はアクリル繊維として広く用いられ,ABS樹脂などの成分として使用されるほか,炭素繊維の原料としても利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクリロニトリルCH2=CHCNの重合体(ポリマー)。PAN(パン)と略称される。単量体(モノマー)のアクリロニトリルはアクリル系の合成繊維や、NBR(アクリロニトリル・ブタジエンゴム)系の合成ゴムの主原料であり、プラスチックとしての利用にはブタジエン、スチレンとの三元共重合物としてのABS樹脂がある。
 アクリロニトリルは、以前はアセチレンにシアン化水素酸(青酸)を反応させて製造されていたが、現在ではプロピレンを原料として、青酸のような有害ガスを使わないソハイオ(sohio)法が採用されている。反応式は次のようになる。

ソハイオ法によってアクリロニトリルは、白色ないし黄色の柔らかい不透明な粉末あるいは塊として得られる。単独に用いられることは少なく、いろいろな単量体と共重合させたものが利用されている。
 現在、注目されている炭素繊維は、PAN系のものが主流である。ポリアクリロニトリル系合成繊維(アクリル繊維)は、ポリアミド系(ナイロン)、ポリエステル系とともに、合成繊維の主力を占めている。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (polyacrylonitrile) アクリロニトリルの重合体。アクリル酸エステルなどとの共重合体として、アクリル繊維、アクリルゴムなどに用いられる。PAN。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

略称PAN.アクリロニトリルは非常に重合しやすく,過酸化ベンゾイルなどによってラジカル重合,また金属ナトリウムやナトリウムメトキシドなどによってイオン重合して,ポリアクリロニトリルを与える.工業的にはオーロン繊維([別用語参照]アクリル繊維)として知られている.また,スチレンやメタクリル酸メチルなど,ほかのビニル化合物との共重合も容易である.ポリアクリロニトリルは,炭化水素,アルコール類,エーテルなどの普通の有機溶媒には不溶で,良溶媒としては,ロダン塩,塩化亜鉛などの濃厚水溶液,N,N-ジメチルホルムアミド,ジメチルスルホキシドスクシノニトリル,2-オキサゾリドンなどがある.ポリアクリロニトリルは,水酸化ナトリウムなどのアルカリを添加するか,あるいは200 ℃ 以上で加熱するとピリジン環が生成して茶褐色に着色する.着色を防止するために,工業的にはAlSrの有機酸塩,Ca塩,無水マレイン酸などを安定剤として加える.[CAS 25014-41-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポリアクリロニトリルの言及

【化学繊維】より

…そのほか,防弾チョッキやヘルメットに使われ,航空機の軽量複合材としても使用が計画されており,今後最も伸びる繊維と予測されている。
[ポリアクリロニトリル系]
 アクリル繊維とモダクリル繊維がある。ステープルファイバー(短繊維。…

※「ポリアクリロニトリル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android