ポリウレタン(英語表記)polyurethane

翻訳|polyurethane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリウレタン
polyurethane

主鎖の繰返し単位中にウレタン結合 ( -NHCOO- ) をもつ重合体の総称で,主としてジイソシアネートとグリコールとの重付加により合成される。単量体に種々の構造の化合物が用いられることと,反応中自由に架橋できるために種々の性質の重合体が得られる。軟質および硬質のポリウレタンフォーム (寝具,家具,自動車部品,建築材料など) ,弾性糸接着剤,塗料,合成皮革など各方面に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポリウレタン

分子内にウレタン結合−NHCOO−をもつ高分子化合物の総称。熱硬化性樹脂熱可塑性樹脂がある。弾性,強靭(きょうじん)性に富み,耐熱性,耐老化性,耐油性,耐溶剤性がすぐれる。ウレタンフォームスパンデックスのほか弾性繊維,塗料,接着剤,合成皮革用原料,自動車部品としても使用。
→関連項目ウレタン合成繊維合成皮革

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ポリウレタン

 主鎖中にウレタン結合 (-NHCOO-)をもつ高分子物質を総称していう.樹脂として特徴のある性質があり広く用いられている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリウレタン【polyurethane】

分子内にウレタン結合-OCONH-をもつ高分子化合物の総称。ゴム状弾性体として,ウレタンゴム,エラストマーとして用いられるほか,ウレタンフォームや接着剤としても広く用いられている。一般にはジオール(たとえば1,4‐ブタンジオール)とジイソシアネート(たとえばジフェニルメタンジイソシアネート)の重付加によって製造される。 ゴム用途には,ジオールとしてポリエチレングリコール,ポリプロピレングリコールのようなポリエーテルジオールや,末端ジオールの脂肪族ポリエステルが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポリウレタン【polyurethane】

ウレタン結合 -NHCOO- により高重合体となっている高分子化合物の総称。耐摩耗性・耐薬品性・耐溶剤性・耐老化性が高い。溶剤に溶かして塗料や接着剤とし、さらに繊維としても用いられる。発泡させて得られるウレタン-フォームは家具・建築材料や包装・マットなどに使用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリウレタン
ぽりうれたん
polyurethane

ウレタン結合-OCONH-をもった重合体(ポリマー)の総称。一般にジイソシアナートとグリコールとから付加重合で得られる。合成ゴム、合成繊維、接着剤、塗料、ウレタンフォーム、自動車バンパーなど、その利用が拡大している。
 工業的に用いられるジイソシアナート類にはのようなものがある。図の(1)と(2)の80対20の混合物がよく用いられている。グリコール成分は種々で、ポリエチレングリコールやポリプロピレングリコール、さらに両末端ヒドロキシ基のポリエステルなどが必要に応じて用いられる。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のポリウレタンの言及

【化学繊維】より

…ケミカルレースの基布に水溶性のビニロンが使われる。
[ポリウレタン系]
 ゴムのようによく伸び元に戻る性質をもつ繊維をスパンデックスspandex繊維というが,ほとんどがポリウレタンでできている。ポリウレタンは二つの成分,すなわちゴムのように柔らかい部分であるソフトセグメントと,分子の動きが抑えられている堅い部分のハードセグメントから成る(図2)。…

※「ポリウレタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリウレタンの関連情報