コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポート・エリザベス Port Elizabeth

世界大百科事典 第2版の解説

ポート・エリザベス【Port Elizabeth】

南アフリカ共和国南部,東ケープ州の港湾都市。人口30万4000(1991),大都市域人口85万3000(1991)。インド洋のアルゴア湾に臨み,鉄道,道路,航空路の要衝で,ダイヤモンド,羊毛,果物などの輸出港である。また自動車,電機,金属加工,木工など工業生産の中心でもある。博物館,美術館その他の文化施設もあり,海岸は保養地として内陸の白人たちに知られている。1799年イギリスが建設したフレデリック要塞を母体として,1820年に約3000人のイギリス移民が入植した後,ケープ植民地代理総督R.ドンキンが死亡した妻エリザベスを記念して石のピラミッドを建て,新都市の名も彼女にちなんで命名した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ポート・エリザベスの関連キーワードヘンドリク・フェアウールト・ダムアドゥエレファント国立公園ケープ(南アフリカ共和国)フォートボーフォートポートアルフレッドビクトリアウェストサマセットイースト世界のおもな博物館アソール フガードスカルク バーガーグラハムズタウングラーフリネットジェフリーズベイオウツフールンA. フガードオイテンハークミデルブルグモーセルベイカルー高原クラドック

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android