コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンバリー キンバリー Kimberley

翻訳|Kimberley

6件 の用語解説(キンバリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンバリー
キンバリー
Kimberley

南アフリカ共和国北ケープ州の州都。州北東部の自由州との州境近くに位置し,ダイヤモンドの産地,加工地として世界的に有名。かつてボーア人の独立国オレンジ自由国グリカランドウェストに属し,ニューリュシュと呼ばれていたが,1871年ダイヤモンドが発見されると,同年 11月イギリスケープ植民地の施政下に移され,イギリスの行政官の名にちなんでキンバリーに改名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キンバリー(Kimberley)

南アフリカ共和国中央部、北ケープ州の都市。同州の州都。世界的なダイヤモンド産地で、1871年の鉱山発見により建設された。ビッグホールとよばれる深さ約400メートル、直径約500メートルの巨大な露天掘りの跡がある。
オーストラリア、西オーストラリア州最北部の地域名。名称はと景観が似ていることに由来するが、のちにこの地域においてもダイヤモンド鉱山が発見された。主な町は西部のブルーム、北部のカナナラ世界遺産自然遺産)に登録されたパーヌルル国立公園がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キンバリー

南アフリカ共和国中部,北ケープ州の都市。世界屈指のダイヤモンド鉱山の中心。標高1224mの高原にあり,鉄道・自動車道路の中心。機械・セメント工業行われる。ダイヤモンド鉱床は1871年に発見され,以後ダイヤモンド・ラッシュでできた鉱業の町だが,やがてセシル・ローズの鉱山会社が鉱山を支配した。
→関連項目キンバーライトケープ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キンバリー【Kimberley】

南アフリカ共和国中部,北ケープ州の州都。人口8万(1991)。1867年ダイヤモンドが発見されて出現した鉱業都市であるが,露天掘りによるダイヤモンド鉱は1915年に終わり,ビッグホール(大穴)といわれる直径約500m,平均の深さ400mの世界最大の穴が残って観光地となっている。商工業の中心として各種軽工業が生産を続けている。国内の主要都市とは鉄道,航空路で結ばれる。【西野 照太郎
[開発史]
 1867年ボーア人の一農民がたまたま子どもがもてあそんでいる石を見て鑑定の結果,ダイヤモンド原石と判明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キンバリー【Kimberley】

南アフリカ共和国の中央部にある鉱業都市。海抜1230メートルの高原上にある。世界的なダイヤモンドの産地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンバリー
きんばりー
Kimberley

南アフリカ共和国中部、北ケープ州北東部にあるダイヤモンド鉱山都市。同州の州都ブルームフォンテーン西北西150キロメートル、標高1250メートルに位置する。人口16万7060(1995)、うち白人は3万4066人。2002年の推計人口は18万9500。1871年のキンバリー鉱山の発見により建設され、75年にはケープ・タウンからの鉄道が開通、同鉄道の本部が置かれた。当初バルナトBarnett Barnato(1852―97)のキンバリー・セントラル鉱業会社がダイヤモンドの採掘にあたったが、88年セシル・ローズラッドCharles Dunell Rudd(1844―1916)のデビアース鉱業会社に買収され、以後同社が採掘を続けた。市の中心部マーケット広場に面してグリクァランド・ウェスト最高裁判所、市庁舎、中央郵便局があり、デビアース鉱業会社事務所はストックディル街にある。そのほか公共建物のほとんどは目抜き通りのデュトアパン街にある。当地で産出されたダイヤモンド原石はいったんダイヤモンド取引所のキンバリー・ハウスに集められ、そこから国内およびイギリスの研磨工場に送られる。またこの目抜き通りとレノックス街との交差点にはセシル・ローズの馬上像、メモリアル街との交差点には第一次世界大戦記念碑が立っている。市の北部には、ビッグ・ホールとよばれる直径約500メートル、深さ約400メートル、運び出された土の量2100万トンという露天掘りの跡があり、その北側に設けられた展望台から観察できる。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンバリーの関連キーワードアピントンケープタウントランスケイダーリン南アフリカジェフリーズベイ南アフリカ連邦コーヒーベイモッセルベイ南アフリカワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンバリーの関連情報