マエケナス(英語表記)Maecenas, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マエケナス
Maecenas, Gaius

[生]前70頃.アレチウム
[没]前8. ローマ
古代ローマの政治家。富豪で,文人のパトロンとして名高い。先祖はエトルリア人オクタウィアヌス (のちの皇帝アウグスツス ) と親交を結び,親譲りの財産のほかに,さらに富をつけ加えることができたらしい。政務官にはならなかったが,その質実,温篤な人柄によりオクタウィアヌスの信頼厚く,また影響力も大きかった。 M.アントニウスとのあつれきに際しては使者として重要な役割を果した。オクタウィアヌスがローマを離れた前 36,前 31年には官職につかないままにローマ市とイタリアを統治し,陰謀をも未然に防いだ。しかし M.アグリッパと2人でアウグスツスの両腕として活躍した彼も義弟ムレナの陰謀事件後はその影響力が衰え,病で引きこもりがちになっていった。彼はいわゆる芸術家のパトロンとしては史上最も典型とされるにふさわしい人物であった。その富と文学趣味,さらに文人を遇する礼節を知った態度で多くの文学者を育てた。代表的な者はウェルギリウスでその作『農耕詩 (ゲオルギカ) 』は彼に捧げられている。またホラチウスも頌詩を彼に捧げ,プロペルチウスも援助を受けた一人であった。マエケナスは芸術家たちがアウグスツスの新体制を賛美する作品をつくることをすすめはしたが,それを強要するほどに文人を侮蔑してはいなかった。彼自身著作もしたが,セネカ (大) からは酷評されている。家庭人としては恵まれず,妻のテレンチアは気まぐれで彼をてこずらせ,アウグスツスと通じていたとさえいわれる。子のないままに没したが,その遺産をすべてアウグスツスに与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マエケナス【Gaius Cilnius Maecenas】

?‐前8
ローマ帝政初期の貴族,外交家,文人。騎士身分のエトルリア系貴族の家系に生まれ,アウグストゥス帝の信任厚く,影響力をもった助言者として活躍した。怠惰で奢侈な生活を好んだので,用意周到に元老院議員身分よりも騎士身分にとどまることを望んだといわれる。当代のホラティウス,ウェルギリウス,プロペルティウスらの詩人と親交を結び,彼らの創作活動への援助を惜しまなかった。このため,Maecenas(英語),Mäzen(ドイツ語),mécène(フランス語)等の語は〈文芸の保護者〉を意味するものとして残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マエケナス【Gaius Maecenas】

前70頃~前8) ローマの政治家。オクタビアヌスの親友。ホラティウスやウェルギリウスなど文人を援助した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マエケナス
まえけなす
Gaius Maecenas
(?―前8)

古代ローマの政治家。エトルリア出身のローマ騎士で、第2回三頭政治・内乱時代のオクタウィアヌス(後の皇帝アウグストゥス)の腹心の部下となる。オクタウィアヌスの重要な政治折衝での代表となり、さらに彼の不在中はローマでの全権をもった代理の役割を務めた。帝政期には、アウグストゥスへの陰謀事件に義理の兄弟が連座したこともあり、アウグストゥスとの関係は疎遠となった。彼は、文学者、とくに詩人の熱心な後援者でもあり、ウェルギリウス、ホラティウス、プロペルティウスなどのラテン文学の黄金時代を築いた詩人たちを自ら庇護(ひご)すると同時に、アウグストゥスに紹介した。また、生涯元老院議員にならず、騎士身分にとどまったことでも知られる。[島田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマエケナスの言及

【パトロン】より

…pater(〈父〉の意)に由来するラテン語patronusが語源。同様の意味をもつフランス語のメセーヌmécèneは,古代ローマのアウグストゥス帝の顧問であったマエケナスG.Maecenasの名に由来し,彼が自宅や別荘を開放して詩人たちを後援した故事に基づく。芸術家は本来,実用的な生産物や加工品の生産者でもないし,流通に携わる商人でもない。…

【宮廷文学】より

… 宮廷人とくにお抱え作家の文学としての宮廷文学は,時代と庇護者の性格によって多様な文学ジャンルを開花させる。なかでもローマ皇帝アウグストゥスの文人庇護はヨーロッパにおける宮廷と作家の関係の原型となったし,ウェルギリウスとホラティウスの直接の庇護者でアウグストゥスに彼らを推挙したマエケナスの名は,文芸のパトロンを意味する普通名詞になっている。庇護者の名を不滅ならしめるために作家が文才を捧げ,それと引きかえに創作のための物質的便宜,社会的後ろだてを保証されるという宮廷作家の文学に共通の図式がここに成立する。…

【パトロン】より

…pater(〈父〉の意)に由来するラテン語patronusが語源。同様の意味をもつフランス語のメセーヌmécèneは,古代ローマのアウグストゥス帝の顧問であったマエケナスG.Maecenasの名に由来し,彼が自宅や別荘を開放して詩人たちを後援した故事に基づく。芸術家は本来,実用的な生産物や加工品の生産者でもないし,流通に携わる商人でもない。…

【ラテン文学】より

…有力者たちは文人保護に乗り出し,その周囲に一種の文学サークルが作られた。特に顕著だったのはアウグストゥス帝の右腕ともいうべきマエケナスのサークルで,ウェルギリウス,ホラティウス,プロペルティウス,ウァリウスVarius,プロティウス・トゥッカPlotius Tuccaなど,ラテン文学を代表する詩人たちがマエケナスの援助を受けて,職業詩人として活躍し,時代精神の形成に貢献した。メッサラのサークルにはティブルスと,リュグダムスLygdamusやスルピキアSulpiciaが属した。…

※「マエケナス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android