コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッカーシイズム

百科事典マイペディアの解説

マッカーシイズム

1950年―1954年ころ,米国上院政府機能審査小委員会委員長マッカーシーJ.McCarthyを中心に行われた,一連の共産主義者弾圧。追及の手は各種政府機関から芸能界にまで及んだ。
→関連項目太平洋問題調査会忠誠審査制度ドクトローヘルマンマッカーシーマッカラン法ラティモア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マッカーシイズム【McCarthyism】

アメリカにおいて1950年代初頭,共和党上院議員マッカーシーJoseph R.McCarthy(1909‐57)が,反共を名目として行った政敵攻撃とその手法を指す。50年2月,2年後の上院選挙における再選という個人的野心を抱くマッカーシーは,20年に及ぶ民主党政権の下で国務省内に多数からなる共産主義スパイ網が形成され,現在もそのメンバーが外交政策に携わっている,という爆弾発言を行った。その後も繰り返されるこの主張とそれに基づく多くの個人攻撃とは,実体的証拠を欠く中傷に等しいものではあったが,〈アメリカの全能神話〉を信じつつも,ソ連の原爆開発成功や中国における共産党政権の樹立など冷戦初期の国際政治の動向に不満と不安を抱き,ヒス事件やローゼンバーグ事件などのスパイ事件の相次ぐ摘発にいらだつ当時の国民心理に強く訴えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマッカーシイズムの言及

【アメリカ合衆国】より

…高等教育も急速に普及し,大衆化し,テレビ,小型ペーパーバック本,LPレコードの普及などにより大衆文化がますます定着するとともに,高級文化も大衆の手に入りうるものとなった。ただ,冷戦下,マス・コミの発達の下で,反共思想が広まり,50年代前半マッカーシイズムに代表されるように〈自由〉の象徴をふりかざすことによって,言論などの自由そのものを拘束するという動きもみられた。ともあれ,戦後アメリカは,軍事,経済,文化の各方面で超大国として発言権を行使し,アメリカン・デモクラシーを世界的・普遍的価値として普及せしめようとし,日本占領もそうした意識の下に行われた。…

※「マッカーシイズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッカーシイズムの関連キーワードビート・ジェネレーションハリウッド・テンスティーブンソンローズベルトトルーマン

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android