コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバギク

百科事典マイペディアの解説

マツバギク

南アフリカ原産ツルナ科の常緑多年草。は下部が木質でよく分枝して横に広がり,多肉質で3稜のある線形の葉を対生。夏,直立する長い柄の頂にキクに似た径4〜5cmの鮮紅紫色の花を日中に開く。
→関連項目メセン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マツバギク【Lampranthus spectabilis (Haw.) N.E.Br.】

ツルナ科の多年生多肉植物(イラスト)。輝くような花を多数つけ,園芸的には多肉植物としてよりも花卉(かき)として栽培される。南アフリカのケープ州の原産で,明治の初期に日本に渡来し,暖地に広がった。茎はやや木質化し,カーペット状に群生する。葉は対生し,多肉質の線形で,やや3稜をなし,上向きに反り,基部合着し,先端はとがり,長さ3~6cm。4~6月,茎の先端にふつう1花を頂生する。花径は5~7cm。花弁は多数で,一見キクの花に似るが,花の中心に多数のおしべと5心皮がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツバギク
まつばぎく / 松葉菊
[学]Lampranthus spectabilis N. E. Br.

ツルナ科の常緑多年草。茎は直立もしくは匍匐(ほふく)性で、古くなると木質化する。葉は肥厚した多肉質で対生し、円筒または三稜(さんりょう)形。葉の接合部は合着する。花は5~6月、多数群がって開く。花径は約5センチメートル、キクに似ており、金属的な光沢がある。花色は赤、桃、橙(だいだい)、黄色などと豊富である。葉のつき方がマツに似ており、花形がキクに似るのでマツバギクの名があるが、全体をある種のサボテンに見立て、サボテンギクの名もある。繁殖は実生(みしょう)もできるが、普通は挿木による。用土は水はけのよいものにする。鉢植えまたは花壇植えにするが、耐寒性は強く、関東地方以西では簡単な霜よけで越冬できる。[長田清一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマツバギクの言及

【メセン(女仙)】より

…花は直径4cmくらいで,花色は赤,桃,白,淡黄色がある。(2)多年生で有茎群 木質化した明瞭な茎があり,代表的な属にマツバギクLampranthus,デロスペルマ属Delosperma,オスクラリア属Oscularia,ルシア属Ruschia,トリコディアデマ属Trichodiademaなどがある。デロスペルマ属は約125種を含み,葉に半透明の乳頭状突起を持つ種が多い。…

※「マツバギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マツバギクの関連キーワードマツバギク(松葉菊)ケープ区乾生植物菊牡丹花蔓菜

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マツバギクの関連情報