コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバギク

3件 の用語解説(マツバギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マツバギク

南アフリカ原産のツルナ科の常緑多年草。茎は下部が木質でよく分枝して横に広がり,多肉質で3稜のある線形の葉を対生。夏,直立する長い柄の頂にキクに似た径4〜5cmの鮮紅紫色の花を日中に開く。
→関連項目メセン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マツバギク【Lampranthus spectabilis (Haw.) N.E.Br.】

ツルナ科の多年生多肉植物イラスト)。輝くような花を多数つけ,園芸的には多肉植物としてよりも花卉(かき)として栽培される。南アフリカケープ州の原産で,明治の初期に日本に渡来し,暖地に広がった。茎はやや木質化し,カーペット状に群生する。葉は対生し,多肉質の線形で,やや3稜をなし,上向きに反り,基部は合着し,先端はとがり,長さ3~6cm。4~6月,茎の先端にふつう1花を頂生する。花径は5~7cm。花弁は多数で,一見キクの花に似るが,花の中心に多数のおしべと5心皮がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツバギク
まつばぎく / 松葉菊
[学]Lampranthus spectabilis N. E. Br.

ツルナ科の常緑多年草。茎は直立もしくは匍匐(ほふく)性で、古くなると木質化する。葉は肥厚した多肉質で対生し、円筒または三稜(さんりょう)形。葉の接合部は合着する。花は5~6月、多数群がって開く。花径は約5センチメートル、キクに似ており、金属的な光沢がある。花色は赤、桃、橙(だいだい)、黄色などと豊富である。葉のつき方がマツに似ており、花形がキクに似るのでマツバギクの名があるが、全体をある種のサボテンに見立て、サボテンギクの名もある。繁殖は実生(みしょう)もできるが、普通は挿木による。用土は水はけのよいものにする。鉢植えまたは花壇植えにするが、耐寒性は強く、関東地方以西では簡単な霜よけで越冬できる。[長田清一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマツバギクの言及

【メセン(女仙)】より

…花は直径4cmくらいで,花色は赤,桃,白,淡黄色がある。(2)多年生で有茎群 木質化した明瞭な茎があり,代表的な属にマツバギクLampranthus,デロスペルマ属Delosperma,オスクラリア属Oscularia,ルシア属Ruschia,トリコディアデマ属Trichodiademaなどがある。デロスペルマ属は約125種を含み,葉に半透明の乳頭状突起を持つ種が多い。…

※「マツバギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マツバギクの関連キーワード多肉植物多年生バニラリトープスロケアイラスト食肉植物多年生植物蔓菜ユーフォルビア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツバギクの関連情報