コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドラサ madrasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドラサ
madrasa

イスラム教の教義を研究,教授する学院。トルコ語ではメドレセという。10世紀頃ガズニー朝において,シーア派との抗争のなかで創始されたという。セルジューク朝ニザームル・ムルクはマドラサを制度化し,19世紀末までは,西アジアのほとんどの都市には一つ以上のマドラサがあったが,近代高等教育の普及とともに衰退した。なおインド,東南アジアでは,マドラサは初等レベルのコーラン学校を意味することもある。建築的には,イスファハンのマドラサ・マーダル・イ・シャー(1706~14)のように,中庭を囲んで講義室としての四つのイーワーンと,2層アーケード状の学生の住房とを配するのが一般的。しかしより小規模なものでは,2イーワーン形式とすることもある。またトルコでは,コニアのインジェ・ミナーレ・マドラサ(1260~65)のように,中庭部分をドームで覆う形式が発達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マドラサ(〈アラビア〉madrasah)

《「メドレセ」とも》イスラム世界で、神学法学などの高等教育を授ける学校。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マドラサ

学校,教育施設をさすアラビア語。〈メドレセ〉とも。初等学校と区別して,ウラマーを養成する専門の高等学院をさすこともある。教場モスクや,モスクに付随する施設など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドラサ【madrasa】

教育施設を指すアラビア語。メドレッセとも呼ぶ。伝統的にはウラマーを育成するための高等教育施設をいう。初等教育にあたるクッターブ(学校)に対し,しばしば学院と訳される。法学を中心に,コーラン諸学,ハディース学,神学,言語学,古詩学などの教授が中心で,数学,天文学,医学,哲学などイスラムにとっては外来の学問も教授される場合もあり,イスラム世界に広く存在し,小さな町でも一つ以上,大都市では数十から100を超えるマドラサがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマドラサの言及

【イスラム美術】より

…地域により多柱式(陸屋根をピアや柱で支持するアラブ型),4イーワーン式(中庭に面する各辺の中央にボールトを架けた前方開放形式のホール,すなわちイーワーンīwānをそれぞれ設けるイラン型),中央会堂式(大小のドーム,半ドームを大ホールの中心に架構したオスマン・トルコ型)などがある。(2)マドラサ ウラマー育成の高等教育施設で,構造としては,中庭に面した各辺の中央に,教場や礼拝場として使われるイーワーンを設け,その間に階上・階下ともに学生が起居する個室が配置される。(3)修道場(リバートribāṭ,テッケtekke,ハーンカーkhānqā,ザーウィヤzāwiya) 呼称はさまざまであるが,いずれもスーフィー(神秘主義者)が称名などの修行を行う修道場のことで,リバートは,元来は国境地帯につくられた砦をさした。…

※「マドラサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マドラサの関連キーワードホジャ・サーデッティン・エフェンディスルタン・ハサン・モスクとマドラサタシュキョプリザーデ・アフメトマドラサ(イスラム神学校)サマルカンドスレイマン1世のモスクカワーム・アッディーンヌール・アッディーンムスタンシリーヤ学院イブン・ハッリカーンイズマル ガスプラルスレイマン・モスクメフメト・アーキフアーキフ メフメトセルジューク朝美術ラール・マスジードニザーミーヤ学院アッタリン神学校グール・エミールマムルーク朝美術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マドラサの関連情報