コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナヅル Grus vipio; white-naped crane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナヅル
Grus vipio; white-naped crane

ツル目ツル科。全長 112~127cm。眼のまわりが大きく裸出して赤く,その周囲や額が黒い。喉や頭上から後は白い。耳羽は暗灰色。頸側から前頸に伸びて胸につながる帯や,胸から腹,背,肩は黒灰色。初列風切羽や次列風切羽は黒く,雨覆羽と,尾羽を覆って後方に長くたれる三列風切羽は灰白色は緑褐色で,脚は赤紫色。中国東北部,モンゴル北東部と隣接するロシア南東部,ウスリー川アムール川流域に分断して繁殖し,日本,中国南東部,朝鮮半島で越冬する。巣は湿原や低地草原につくり,雑食性植物質から小動物まで食べる。日本ではかつて全国に渡来したが,近年では鹿児島県出水市が主要な越冬地で,ほかの地域には渡来してもごく少数である。2013年現在,世界の個体数は推定で 5000~6000羽。国の特別天然記念物(→天然記念物)で,環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧II類に,「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)では国際希少野生動植物種に指定されている。ワシントン条約附属書I適用鳥。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マナヅル

ツル科の鳥。翼長58cm。後頭,頸白く,背面は青灰色。シベリア南東部,中国東北北部等で繁殖し,冬は中国,朝鮮,日本に渡る。日本では鹿児島県出水市ツル渡来地にナベヅルとともに生息数の半数近い約2000羽が渡来する。
→関連項目ツル(鶴)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マナヅル
まなづる / 真那鶴
white-naped crane
[学]Grus vipio

鳥綱ツル目ツル科の鳥。全長約1.25メートル。タンチョウよりやや小さい。頭頸(とうけい)部は白く、体と胸から頸側にかけてスレート灰色。顔は皮膚が裸出して赤い。嘴(くちばし)はオリーブ緑色、足は暗赤色である。シベリア南東部の湿原で繁殖し、日本、朝鮮半島、中国東部で越冬するが、おもな越冬地は日本である。鹿児島県出水(いずみ)市などに毎年渡来する。その数は約3000羽(2010年1月調査)である。越冬地では群れをつくって生活し、水田や湿地で水生昆虫、小魚、タニシ、穀物、水生植物やサツマイモの根などをあさっている。巣は、他のツル類と同じく、湿地の地面に枯れ枝や枯れ茎を集めてつくり、普通、1腹2個の卵を産む。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マナヅルの関連キーワードツル越冬地分散化計画出水平野のツル高尾野[町]出水(市)ツル(鶴)出水平野万羽鶴蕨島

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マナヅルの関連情報