コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナヅル マナヅル Grus vipio; white-naped crane

3件 の用語解説(マナヅルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナヅル
マナヅル
Grus vipio; white-naped crane

ツル目ツル科。全長 130cmの大型のツルで,非常に美しい。頭部から後頸部は白く,眼のまわりは赤色。前頸部から胸腹部は黒灰色。背,雨覆は灰白色,風切,尾は黒い。嘴は緑色を帯びる褐色,脚は紫赤色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マナヅル

ツル科の鳥。翼長58cm。後頭,頸白く,背面は青灰色。シベリア南東部,中国東北北部等で繁殖し,冬は中国,朝鮮,日本に渡る。日本では鹿児島県出水市のツル渡来地にナベヅルとともに生息数の半数近い約2000羽が渡来する。
→関連項目ツル(鶴)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マナヅル
まなづる / 真那鶴
white-naped crane
[学]Grus vipio

鳥綱ツル目ツル科の鳥。全長約1.25メートルタンチョウよりやや小さい。頭頸(とうけい)部は白く、体と胸から頸側にかけてスレート灰色。顔は皮膚が裸出して赤い。嘴(くちばし)はオリーブ緑色、足は暗赤色である。シベリア南東部の湿原で繁殖し、日本、朝鮮半島、中国東部で越冬するが、おもな越冬地は日本である。鹿児島県出水(いずみ)市などに毎年渡来する。その数は約3000羽(2010年1月調査)である。越冬地では群れをつくって生活し、水田や湿地で水生昆虫、小魚、タニシ、穀物、水生植物やサツマイモの根などをあさっている。巣は、他のツル類と同じく、湿地の地面に枯れ枝や枯れ茎を集めてつくり、普通、1腹2個の卵を産む。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マナヅルの関連キーワードアオサギカンムリヅル姉羽鶴冠鶴銀鶏黒鶴後頭後頭部鍋鶴鶴擬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マナヅルの関連情報