コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリケン マリケンMulliken, Robert Sanderson

6件 の用語解説(マリケンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリケン
マリケン
Mulliken, Robert Sanderson

[生]1896.6.7. マサチューセッツニューベリーポート
[没]1986.10.31. バージニアアーリントン
アメリカ物理化学者。マサチューセッツ工科大学卒業後,第1次世界大戦から戦後にかけて政府機関で研究。次いでシカゴ大学の R.ミリカンのもとで研究し,ニューヨーク大学講師 (1926) ,シカゴ大学准教授 (28) を経て,同大学教授 (31) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マリケン(Robert Sanderson Mulliken)

[1896~1986]米国の物理化学者。分子中の電子の状態を研究し、分子軌道法を創始した。また、電荷移動錯体の概念を提唱した。1966年ノーベル化学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マリケン

米国の物理化学者。マサチューセッツ工科大学卒。1931年シカゴ大学教授。量子力学に基づき分子の電子構造を解明する分子軌道法を創始,また荷電移動錯体の理論を提唱。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリケン【Robert Sanderson Mulliken】

1896‐1986
アメリカの物理化学者。マサチューセッツ州ニューバリーポート生れ。化学結合や分子の電子状態,分子スペクトルの問題に量子力学を適用するなかで分子軌道法を創始,発展させた。1926‐28年ニューヨーク大学物理学助教授,28‐31年シカゴ大学準教授,31‐61年同大学教授。第2次大戦中の42‐45年シカゴ大学プルトニウムプロジェクトに関与。おもな研究業績として,同位体分離についての研究,二原子分子帯スペクトルの広範な研究,重なり積分の検討,元素の電気陰性度の定義式の提案,超共役や電荷移動錯体の理論的解明,分子内電子の分布解析などがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マリケン【Robert Sanderson Mulliken】

1896~1986) アメリカの物理化学者。分子中の電子は分子全体に広がった軌道に存在するとする分子軌道法を創始し、分子の電子構造や分子化合物の生成機構・性質を統一的に解明。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリケン
まりけん
Robert Sanderson Mulliken
(1896―1986)

アメリカの物理化学者。マサチューセッツ州ニューベリポートに生まれる。化学結合論、構造化学の分野で量子化学の方法を開拓し、その確立に貢献した業績で知られる。マサチューセッツ工科大学卒業後、シカゴ大学(1921年学位取得)、ハーバード大学で研究し、1926年ニューヨーク大学准教授、1928年シカゴ大学に移り、1931年より同大学教授。
 初期に1920年代なかばから1930年代初めにかけて二原子分子のバンド・スペクトルについての実験的研究を進め、そこから出発して、分子の中の電子がいかなる状態にあり、どのようにふるまうのかという問題を一貫して追究し、量子化学的な理論的研究を展開する。
 1932年から1935年ごろにかけて、今日の分子軌道理論の基礎となる理論的研究で成果をあげ、フント論文(1928)、ヒュッケル論文(1931)などとともに、今日、広く用いられる量子化学における分子軌道法の土台をつくりあげるのに貢献した。分子軌道概念は、一中心の原子軌道に対して、それを多中心の分子全体に広がった軌道として拡張した概念であり、とくに共役二重結合系たとえばベンゼンなどの場合に、化学者の直観においてとらえやすく、広く使われるようになった。マリケンは、1930年から1940年代を通じて電子スペクトル強度、超共役など、分子軌道理論を軸に、一貫して分子の電子状態の理論的研究を展開し、量子化学の方法としての分子軌道理論の有効性を明らかにし、それを化学者の間に広めるのに寄与した。1950年代当初、マリケンは、分子化合物、たとえばハロゲン分子と有機化合物との分子錯体(ベンゼン‐ヨウ素錯体など)のスペクトルに関し、電荷移動相互作用の概念を提起し、分子軌道法でその理論的説明を与えた。この理論は単に分子錯体のみならず化学全般に大きく影響を与えている。電荷移動錯体の研究は今日的テーマの一つとして、現在、活発な研究が広く進められている。1966年ノーベル化学賞を受賞した。[荒川 泓]
『日本化学会編『化学の原典2 化学結合論』(1975・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマリケンの言及

【化学】より

…水素分子の共有結合の理論はW.ハイトラーとF.ロンドンによって初めて定量的基礎が与えられ(1927),さらにスレーターJohn Clarke Slater(1900‐76),L.C.ポーリングによって拡張され,原子価結合法として体系化された。これは今日でもなお有用な手法として利用されているが,一方同じころ,フントFriedlich Hund(1896‐ ),マリケンRobert Sanderson Mulliken(1896‐1986),ヒュッケルErich Armand Arthur Joseph Hückel(1896‐1980)らによって,原子価の量子論である分子軌道法が展開された。分子軌道法は初めはヒュッケル法のようにπ電子だけを扱い,必要なエネルギー積分の値を経験的パラメーターとみなす経験的方法であった。…

【化学結合】より

…たとえば,ナフタレン,アントラセンなど芳香族炭化水素とピクリン酸やトリニトロベンゼンとの分子化合物は,両成分分子より深い色に着色することが古くから知られていた。この結合と着色の機構に対する量子論的な説明はマリケンRobert Sanderson Mulliken(1896‐1986)によって与えられた(1950)。それによると,ファン・デル・ワールス力のような弱い分子間力で接しているD……Aという非結合構造と,DからAに電子が移動して共有結合が加わった電荷移動構造D-Aとの間の共鳴によるとされている。…

【化学】より

…水素分子の共有結合の理論はW.ハイトラーとF.ロンドンによって初めて定量的基礎が与えられ(1927),さらにスレーターJohn Clarke Slater(1900‐76),L.C.ポーリングによって拡張され,原子価結合法として体系化された。これは今日でもなお有用な手法として利用されているが,一方同じころ,フントFriedlich Hund(1896‐ ),マリケンRobert Sanderson Mulliken(1896‐1986),ヒュッケルErich Armand Arthur Joseph Hückel(1896‐1980)らによって,原子価の量子論である分子軌道法が展開された。分子軌道法は初めはヒュッケル法のようにπ電子だけを扱い,必要なエネルギー積分の値を経験的パラメーターとみなす経験的方法であった。…

【化学結合】より

…たとえば,ナフタレン,アントラセンなど芳香族炭化水素とピクリン酸やトリニトロベンゼンとの分子化合物は,両成分分子より深い色に着色することが古くから知られていた。この結合と着色の機構に対する量子論的な説明はマリケンRobert Sanderson Mulliken(1896‐1986)によって与えられた(1950)。それによると,ファン・デル・ワールス力のような弱い分子間力で接しているD……Aという非結合構造と,DからAに電子が移動して共有結合が加わった電荷移動構造D-Aとの間の共鳴によるとされている。…

※「マリケン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マリケンの関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone