コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレー沖海戦 マレーおきかいせん

6件 の用語解説(マレー沖海戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレー沖海戦
マレーおきかいせん

1941年 12月 10日,太平洋戦争の緒戦において,日本海軍の中型攻撃機 84機が,イギリス東洋艦隊の新鋭戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』と高速戦艦『レパルス』をマレー沖で撃沈した海戦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マレーおき‐かいせん【マレー沖海戦】

太平洋戦争開戦直後の昭和16年(1941)12月10日に、マレー半島東方沖で、日本の海軍航空部隊と英国海軍東洋艦隊の間で行われた戦闘。この戦いで英国の新型戦艦2隻が日本軍機の爆撃と雷撃を受けて撃沈。海戦における航空機の優位性が実証された。→マレー作戦

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マレー沖海戦【マレーおきかいせん】

1941年12月10日,日本海軍の航空隊がマレー半島東方海上で,イギリス東洋艦隊の主力戦艦プリンス・オブ・ウェールズおよびレパルスを撃沈した戦い。この戦いは軍艦に対する航空機の優越を実証したもので,日本は南西太平洋制海権を掌握した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マレーおきかいせん【マレー沖海戦】

太平洋戦争初頭の海戦。1941年12月10日午後,イギリス東洋艦隊司令長官フィリップ中将の率いる新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズ,巡洋戦艦レパルスおよび護衛駆逐艦3隻は,日本軍のマレー半島上陸を阻止するため,マレー半島東岸クアンタン沖を行動中,日本海軍基地航空部隊の陸上攻撃機66機による攻撃を受け,両戦艦は沈没した。日本軍は3機を失っただけであった。この海戦は,洋上航行中の戦艦を航空攻撃のみで撃沈し,真珠湾攻撃とともに航空主兵を裏づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マレーおきかいせん【マレー沖海戦】

太平洋戦争開戦直後の1941年(昭和16)12月、マレー半島沖で行われた日本海軍航空隊とイギリス艦隊との戦闘。英主力艦二隻が撃沈され、航空優位が実証された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレー沖海戦
まれーおきかいせん

太平洋戦争開戦直後の1941年(昭和16)12月10日に、マレー半島クワンタン沖で戦われた日英海戦。日本軍のマレー上陸作戦を阻止するため出撃したイギリス東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの2隻を日本海軍の攻撃機が爆撃と雷撃で撃沈した。この結果、イギリス海軍はアジアでの制海権を失い、拠点シンガポールの運命が決まった。この戦いは戦艦に対する航空機の優位を実証し、戦艦中心主義の終焉を示すものとなった。[藤原 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマレー沖海戦の言及

【太平洋戦争】より

… 戦争の経過を軍事史の観点から時期区分すると,大要次のとおりである。(1)1941年12月8日~42年8月(日本軍の戦略的攻勢と連合国軍の戦略的守勢の時期) 日本軍は12月8日の真珠湾攻撃と10日のマレー沖海戦によって米英の戦艦群に大打撃を与え,東南アジアの各地を急襲して太平洋の制海権と制空権を掌握した。そして42年1月2日マニラ(フィリピン進攻作戦),2月15日シンガポール(マレー進攻作戦),3月8日ラングーンを占領し,3月9日ジャワ島のオランダ軍を降伏させるなど,日本軍は開戦後約半年のあいだに東はギルバート諸島とソロモン諸島から西はビルマに至る広大な地域を占領した。…

※「マレー沖海戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マレー沖海戦の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ教養小説戦争と天気図ザ・ピーナッツロスビー後退変成作用カルデラ三田佳子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレー沖海戦の関連情報