コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレー沖海戦 マレーおきかいせん

6件 の用語解説(マレー沖海戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレー沖海戦
マレーおきかいせん

1941年 12月 10日,太平洋戦争の緒戦において,日本海軍の中型攻撃機 84機が,イギリス東洋艦隊の新鋭戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』と高速戦艦『レパルス』をマレー沖で撃沈した海戦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マレーおき‐かいせん【マレー沖海戦】

太平洋戦争開戦直後の昭和16年(1941)12月10日に、マレー半島東方沖で、日本の海軍航空部隊と英国海軍東洋艦隊の間で行われた戦闘。この戦いで英国の新型戦艦2隻が日本軍機の爆撃と雷撃を受けて撃沈。海戦における航空機の優位性が実証された。→マレー作戦

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マレー沖海戦【マレーおきかいせん】

1941年12月10日,日本海軍の航空隊がマレー半島東方海上で,イギリス東洋艦隊の主力戦艦プリンス・オブ・ウェールズおよびレパルスを撃沈した戦い。この戦いは軍艦に対する航空機の優越を実証したもので,日本は南西太平洋制海権を掌握した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マレーおきかいせん【マレー沖海戦】

太平洋戦争初頭の海戦。1941年12月10日午後,イギリス東洋艦隊司令長官フィリップ中将の率いる新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズ,巡洋戦艦レパルスおよび護衛駆逐艦3隻は,日本軍のマレー半島上陸を阻止するため,マレー半島東岸クアンタン沖を行動中,日本海軍基地航空部隊の陸上攻撃機66機による攻撃を受け,両戦艦は沈没した。日本軍は3機を失っただけであった。この海戦は,洋上航行中の戦艦を航空攻撃のみで撃沈し,真珠湾攻撃とともに航空主兵を裏づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マレーおきかいせん【マレー沖海戦】

太平洋戦争開戦直後の1941年(昭和16)12月、マレー半島沖で行われた日本海軍航空隊とイギリス艦隊との戦闘。英主力艦二隻が撃沈され、航空優位が実証された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレー沖海戦
まれーおきかいせん

太平洋戦争開戦直後の1941年(昭和16)12月10日に、マレー半島クワンタン沖で戦われた日英海戦。日本軍のマレー上陸作戦を阻止するため出撃したイギリス東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの2隻を日本海軍の攻撃機が爆撃と雷撃で撃沈した。この結果、イギリス海軍はアジアでの制海権を失い、拠点シンガポールの運命が決まった。この戦いは戦艦に対する航空機の優位を実証し、戦艦中心主義の終焉を示すものとなった。[藤原 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマレー沖海戦の言及

【太平洋戦争】より

… 戦争の経過を軍事史の観点から時期区分すると,大要次のとおりである。(1)1941年12月8日~42年8月(日本軍の戦略的攻勢と連合国軍の戦略的守勢の時期) 日本軍は12月8日の真珠湾攻撃と10日のマレー沖海戦によって米英の戦艦群に大打撃を与え,東南アジアの各地を急襲して太平洋の制海権と制空権を掌握した。そして42年1月2日マニラ(フィリピン進攻作戦),2月15日シンガポール(マレー進攻作戦),3月8日ラングーンを占領し,3月9日ジャワ島のオランダ軍を降伏させるなど,日本軍は開戦後約半年のあいだに東はギルバート諸島とソロモン諸島から西はビルマに至る広大な地域を占領した。…

※「マレー沖海戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マレー沖海戦の関連キーワード太平洋戦争アジア太平洋戦争黄海の海戦ミッドウェー戦争と天気図太平洋戦争とキスカ島聯合艦隊司令長官 山本五十六~太平洋戦争70年目の真実太平洋戦争と豪州中野五郎アジア・太平洋戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレー沖海戦の関連情報