ミズナギドリ(水凪鳥)(読み)ミズナギドリ

世界大百科事典 第2版の解説

ミズナギドリ【ミズナギドリ(水凪鳥)】

ミズナギドリ目ミズナギドリ科Procellariidaeの鳥の総称。全長28~91cm。羽色は大部分の種が全身灰色か褐色,または背面が黒く腹が白い。ミズナギドリ科はミズナギドリ目のなかで種類数がもっとも多く,多岐に分化したグループである。陸上環境と比較して相対的に変化に乏しい海洋環境をさまざまな様式で利用するように分化した。すなわち体の大きさやくちばしのこまかな形態,餌のとり方,繁殖や渡りの時季と様式が種によって少しずつ異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android