コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナドリ Bulweria bulwerii; Bulwer's petrel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナドリ
Bulweria bulwerii; Bulwer's petrel

ミズナギドリ目ミズナギドリ科。繁殖時以外は沖合いの海上で生活する海鳥。類縁の近いのはシロハラミズナギドリ属 Pterodroma とずっと考えられていたが,遺伝子を調べてクロミズナギドリProcellaria だとわかった。全長 25~29cm。全身黒褐色で,雨覆羽の先端部はやや明色。尾の形は先のとがった楔形である。繁殖地は太平洋では中国東南部からハワイ諸島にかけての島嶼と,大西洋では北アフリカ北西海域の島嶼で,繁殖後はおもに世界中の熱帯海域に分散する。おもに夜間に水面近くにいる小魚やイカ,プランクトンを飛びながらとる。日本では小笠原諸島硫黄列島などで繁殖している。岩の割れ目やくぼみ,穴の内の棚部などに営巣する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナドリ【Bulwer’s petrel】

ミズナギドリ目ミズナギドリ科の鳥(イラスト)。亜熱帯の海洋にすむ小型の海鳥で,海に潜ることは少なく,夜間,海の表面に浮遊する動物プランクトン,小型のイカ類をくちばしでつまみとって食べる。羽色は全体に黒褐色,尾はくさび形で長い。全長28cm。細長い翼をもち,風があればときどきはばたくだけで,翼を広げ,波の間を海面すれすれに飛ぶ。風がないときには不規則にはばたいて前進する。繁殖は陸地から離れた小島で行い,岩の割れ目や隙間,地面に掘られた穴などの中に,白色無斑の卵を一つ産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナドリ
あなどり / 穴鳥
Bulwer's petrel
[学]Bulweria bulwerii

鳥綱ミズナギドリ目ミズナギドリ科の海鳥。小形の外洋性種で、世界の暖海域にすむ。全長約27センチメートル。全身黒褐色で、尾は長くくさび形。細く長い翼を不規則に羽ばたき、海面近くを飛ぶ。海の表面に浮遊する動物プランクトンや小形のイカを嘴(くちばし)でつまみとって食べる。陸から離れた小島の岩の割れ目やすきま、あるいは地面に掘られた穴を巣にして白色無斑(むはん)の卵をただ一つ産む。雄と雌が交代で1か月半抱卵、その後2か月ほど給餌(きゅうじ)する。日本では小笠原(おがさわら)諸島や伊豆諸島、琉球(りゅうきゅう)諸島で繁殖しているが、数は多くない。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アナドリの関連キーワードPterodroma楔形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android