コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッシングリンク missing link

翻訳|missing link

デジタル大辞泉の解説

ミッシング‐リンク(missing link)

生物の進化・系統において、化石生物の存在が予測されるのに発見されていない間隙。系図をに見立てていう。始祖鳥の発見は鳥類と爬虫(はちゅう)類との間隙をつなぐ例。失われた環(わ)。
1から転じて》分断された鉄道や(高速)道路のこと。「ミッシングリンクを解消して経済の活性化を図る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ミッシングリンク【missing link】

〔失われた環の意〕
進化において、生物の系統を鎖の環に見立て、その欠けた部分(間隙)に想定される未発見の化石生物。始祖鳥(鳥類と爬虫類との間)・アウストラロピテクス(人類と類人猿との間)の化石などの発見は、その間隙をつないだ例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミッシングリンク

失われた環」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッシングリンク
みっしんぐりんく
missing link

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミッシングリンクの関連キーワードレイモンド・アーサー ダートアウストラロピテクスミッシング・リンクミッシングリンクブラック・ホールシアッチ類人猿猿人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミッシングリンクの関連情報