コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツオシエ(蜜教) ミツオシエ honeyguide

1件 の用語解説(ミツオシエ(蜜教)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミツオシエ【ミツオシエ(蜜教) honeyguide】

キツツキ目ミツオシエ科Indicatoridaeの鳥の総称。この科の鳥は全長12~20cm,くちばしは太くて短く,脚も短いが,強くて鋭いつめがあり,対趾足(たいしそく)である。羽色は上面が褐色,オリーブ色,灰色などで,下面は白色か灰色である。アフリカアジア熱帯降雨林に単独かつがいですみ,樹上や空中で昆虫類をとって食べる。とくにハチ類の幼虫やさなぎ,ハチの巣の蜜蠟を好んで食べる。ミツオシエの名が示すように,少なくともノドグロミツオシエIndicator indicator(イラスト)とタテジマミツオシエI.variegatusの2種は,人間やラーテル(ミツアナグマ)をミツバチの巣へ案内することで有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミツオシエ(蜜教)の関連キーワードオシエクオシエツキー五つの教え浮きつ沈みつ啄木鳥五月躑躅筒落寺啄蜜教奥伊勢木つつ木館

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone