コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバウツギ

百科事典マイペディアの解説

ミツバウツギ

ミツバウツギ科の落葉低木。北海道〜九州,東アジアの山地の樹下にはえる。葉は対生し3出複葉,小葉は卵形で先はとがる。5〜6月,枝先に集散花序を出し,花は長さ6〜8mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミツバウツギ【Staphylea bumalda DC.】

山菜や箸などとして山村の生活になじみの深いミツバウツギ科の落葉低木。晩春山野に白い花を咲かせる。高さ2mばかりで,小枝は開出し灰褐色を呈する。当年枝はやや角張り,髄は太い。葉は2~4cmの柄で対生する3出複葉,小葉は卵状披針形で先が長くとがり,長さ3~8cm,鋸歯端に硬い毛がある。5~6月,2~3対の葉をつけた当年枝に長さ5~8cmの円錐花序を頂生する。花は各部5数からなり長さ6~8mm,萼片と花弁はともに白色で直立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツバウツギ
みつばうつぎ / 三葉空木
[学]Staphylea bumalda DC.

ミツバウツギ科の落葉低木。若葉を食用とすることから、コメノキともいう。葉は長い柄があって対生し、三枚の小葉からなる複葉。名は三小葉からなることによる。小葉は卵状広披針(ひしん)形で先はとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。5~6月、枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、白色花を開く。萼片(がくへん)、花弁はともに五枚で、平開しない。雄しべは五本。果実は(さくか)で二室。果皮は薄く、半円形で、上部は矢羽状に分かれる。山野に普通に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。材は堅く、割れやすいので、箸(はし)や串(くし)をつくる。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミツバウツギの関連キーワードミツバウツギ(三葉空木)ゴンズイ(落葉高木)ゴンズイ(植物)イチモンジチョウショウベンノキトラフシジミルリシジミ三葉空木ゴンズイ小便の木黒臭木梅干樹竜王山狐茶袋野鴉椿海義々胡麻木小便木米々雷木

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android