コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミフラーブ miḥrāb; mehrāb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミフラーブ
miḥrāb; mehrāb

モスクにおいて,礼拝室の最奥の壁に設けられた一種のニッチ (壁龕) 。キブラ (メッカ方向) を示すもので,アーチによって縁どられ,大理石スタッコ (化粧漆喰) ,タイル・モザイクなどによって,美しい装飾が施されるものが多い。 694年メディナのモスクに設けられたのが最初といわれ,イスラム初期に成立したと推定される。起源に関して諸説があるが,キリスト教教会堂の最奥のアプスにそれを求める説が有力。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミフラーブ(〈アラビア〉mihrāb)

モスク内部にある、カーバ神殿の方向にあたる側に作られた壁龕(へきがん)(壁のくぼみ)。この方向に向かって礼拝を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミフラーブ

モスクの壁面に設けられる龕(がん)。イスラムでは礼拝の対象としての偶像を排斥し,聖地メッカの方角に面した壁に装飾したミフラーブを設けて,これを礼拝の目印とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミフラーブ【miḥrāb】

イスラムの礼拝堂モスクの四壁のなかで,とくに聖地メッカの方向に面する側の内壁に設けられるアーチ形のニッチ(壁龕)。主軸となる中央廊(幅広く一段高い)とキブラ壁との接点などに設置されることが多いが,小型のミフラーブが数基加えられることもある。イスラム教徒はメッカの方角(キブラ)に向かって礼拝を行うが,ミフラーブはキブラの表象といえる。しかし,さらに重要なことは預言者ムハンマドが信徒たちに神の啓示を伝えた地点を記念する象徴性をそなえていることである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミフラーブ【mihrab】

礼拝のためにメッカの方向に設けられた、モスク内の壁のくぼみ。ミヒラーブ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のミフラーブの言及

【イスラム美術】より

…また,視覚的にも単調きわまりない環境に取り囲まれた都市などオアシスの集落では造園に力が注がれ,噴水や縦横に配置された水路を基本とした庭園が随所に設けられた。 宗教的な観点からは,礼拝のために地域住民の大部分を収容できるスペースがモスクにまず要求され,さらに,聖地メッカに面する内壁面に設けられ,礼拝の方向(キブラ)を示すミフラーブ(壁龕)が必須条件となり,そのほかに礼拝を指導するイマームの座席ともいうべき階段状のミンバル(説教壇),礼拝に参集すべくムアッジンが信徒に呼びかけを行う高塔ミナレット(マナーラ),礼拝の前に行う潔斎(ウドゥー)のための泉亭ないし水槽などが重要な条件となった。 イスラム世界の建築に見られる閉鎖性の側面は,特に民家の造りに影響を及ぼした。…

【モスク】より

…モスクは必ずしも建造物に限られない。イードの際のように,地域住民全体が礼拝を行うミフラーブ壁の設けられた広場(ムサッラーmuṣallāまたはイードガー)や,1枚の礼拝用じゅうたんも,それが聖なる礼拝の場である以上モスクである。【嶋田 襄平】
[モスク建築]
 イスラムでは礼拝のために祭壇,聖具,聖画,聖像の類が使用されることはない。…

※「ミフラーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミフラーブの関連キーワードトレムセンの大モスクゴンバデアラビヤーンカイラワーンのモスクカラウィーン・モスクコルドバ歴史地区アクサー・モスクウマイヤ・モスクセリミエモスクハラームモスクイスラム美術グルジモスクアヤソフィアウルモスクカーバ神殿マクスーラミヒラーブミンバル

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android