コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマキリシマ

百科事典マイペディアの解説

ミヤマキリシマ

ツツジ科の落葉低木。九州の山地にはえる。高さ1m内外,枝は細くてよく分枝し,刈り込んだようにかたまる。葉は楕円形で長さ1〜3cm,褐色の剛毛がある。5月,枝の頂に2〜3個の花を開く。花冠は漏斗(ろうと)形で小さく,径2〜3cm,紅紫色。花色には変化が多く,多数の園芸品種が作られている。
→関連項目霧島山ツツジ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマキリシマ
みやまきりしま / 深山霧島
[学]Rhododendron kiusianum Makino

ツツジ科の半落葉低木。高さ0.3~1メートル。小枝をよく分け、枝が横に張る。葉は楕円(だえん)形で長さ1~1.5センチメートル、革質で表面に褐色の剛毛がある。5~6月、枝先に漏斗(ろうと)状で先端が5裂する径2~2.5センチメートルの花を2~6個開く。花色は紅紫色、朱色など変化がある。雄しべは5本。(さくか)は卵形、褐色の毛がある。九州の標高約1000メートル以上の山地に生え、雲仙(うんぜん)岳、阿蘇(あそ)山、霧島山から開聞(かいもん)岳まで分布する。盆栽や庭木として観賞する。本種は長崎県ではウンゼンツツジの名でよばれ、郷土の花になっているが、雲仙岳には本当のウンゼンツツジR. serpyllifolium (A. Gray) Miq.は自生していないので紛らわしい。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤマキリシマの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…ヤマツツジ類は花は中型か小型,春葉と秋葉で形が異なるものが多く,花冠は質が柔らかで縁にややしわがある。日本にはヤマツツジR.obtusum (Lindl.) Planch.var.kaempferi (Pl.) Wils.(イラスト),オオヤマツツジR.transiens Nakai(イラスト),フジツツジR.tosaense Makino,アシタカツツジR.komiyamae Makino,ミヤマキリシマR.kiusianum Makino,ウンゼンツツジR.serpyllifolium (A.Gray) Miq.,タイワンヤマツツジR.simsii Planch.の7種が野生する。サツキ類は花は中型で,春葉と秋葉の形はあまり異ならず,花冠は質やや厚く平板状で,縁はあまり波をうたない。…

※「ミヤマキリシマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミヤマキリシマの関連情報