コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュージックコンクレート 〈フランス〉musique concrète

デジタル大辞泉の解説

ミュージック‐コンクレート(〈フランス〉musique concrète)

楽音のほか、人の声や騒音など自然界の音を電気的な操作などによって加工・構成し、録音テープなどにまとめた音楽。具体音楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ミュージックコンクレート【musique concrète】

楽器の音以外に、自然の音や人工の騒音を採取し、加工・構成して芸術作品として仕上げたもの。1948年フランスのシェフェル(Pierre Schaeffer)が考案した。具体音楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ミュージックコンクレートの関連キーワードノイズ・ミュージック[noise music]R. ハウベンストック・ラマティミュージック・コンクレートミュジークコンクレートシュトックハウゼンピンク・フロイドシェフェル湯浅 譲二電子音楽黛 敏郎北代省三ルッソロ湯浅譲二現代音楽バレーズ実験工房黛敏郎武満徹楽音

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android