ムンク(読み)むんく(英語表記)Walter Heinrich Munk

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムンク(Walter Heinrich Munk)
むんく
Walter Heinrich Munk
(1917― )

アメリカの海洋物理学者。オーストリアのウィーンに生まれる。1933年アメリカに渡り、1939年にカリフォルニア工科大学卒業。1947年カリフォルニア大学より博士号取得(海洋学)。1947~1954年同大学スクリップス海洋研究所地球物理学准教授。1954年以降、同教授を務めている。第二次世界大戦中に、スベルドラップと共同で、軍の上陸作戦のための波浪予測に関する研究に従事した。その後、外洋波浪予報に関する研究や風成海流理論、外洋潮汐(ちょうせき)に関する独創的な研究を行った。さらに、大気や海洋の運動などが地球自転に及ぼす影響を初めて明らかにした。1970年代末には、海洋中を伝播(でんぱ)する音波の伝播時間が水温や圧力によって変化することを利用して、逆に、海洋中の水温の分布などを推定する海洋音波断層観測法Ocean Acoustic Tomographyをマサチューセッツ工科大学のブンシュCarl Wunsch(1941― )とともに提唱した。この観測法の有効性は、1980年代以降アメリカや日本などの研究者によって実海域実験で確認された。また、長距離の音波伝播を利用して、地球温暖化に伴う海洋中の水温の微小な変化をとらえることを提唱するなど、20世紀後半以降の海洋物理学の発展に指導的な役割を果たしている。スベルドラップ・メダル(アメリカ気象学会、1966年)、京都賞(稲盛財団、1999年)などを受賞。おもな著書に、スベルドラップと共著の『Wind, Sea, and Swell : Theory of Relations for Forecasting』(1947年。『風波とうねり――その予報の理論』)、マクドナルドGordon J. F. MacDonald(1929―2002)と共著の『The Rotation of the Earth : A Geophysical Discussion』(1960年、新版1975年。『地球の自転――その地球物理学的考察』)、ウーセスターPeter Worcesterらと共著の『Ocean Acoustic Tomography』(1995年。『海洋音波断層観測法』)がある。[佐伯理郎]
『Walter H. Munk, Gordon J.F. MacDonald The Rotation of the Earth : A Geophysical Discussion(1960, Cambridge University Press, Cambridge) ▽Walter Munk, Peter Worcester, Carl Wunsch Ocean Acoustic Tomography(1995, Cambridge University Press, Cambridge)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムンクの関連情報