コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メキシコ湾 メキシコわん Gulf of Mexico

6件 の用語解説(メキシコ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メキシコ湾
メキシコわん
Gulf of Mexico

アメリカ大陸南東部,アメリカ合衆国メキシコに囲まれた湾。フロリダ半島キューバ島,ユカタン半島によって外海から隔てられた広大な海域で,フロリダ海峡によって大西洋に,ユカタン海峡によってカリブ海に通じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メキシコ‐わん【メキシコ湾】

北アメリカ南東部、メキシコの東にある湾。湾口はフロリダ半島キューバ島ユカタン半島に囲まれ、大西洋カリブ海につながる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メキシコ湾【メキシコわん】

米国南方の大湾。米国,メキシコ,キューバにより境され,カリブ海とともにアメリカ地中海を構成。フロリダ海峡ユカタン海峡を通じてそれぞれ大西洋,カリブ海に連なる。
→関連項目大西洋ユカタン半島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メキシコわん【メキシコ湾 Gulf of Mexico】

北アメリカ大陸の南東部の大きな湾。アメリカ合衆国の南岸,メキシコの東岸,キューバ島の西部によって囲まれた海域。面積約157万km2。東西1600km,南北1300km。平均水深3700m。フロリダ半島とキューバ島の間にあるフロリダ海峡によって大西洋に,ユカタン半島とキューバ島の間にあるユカタン海峡によってカリブ海に通じている。湾の最深部は,ヒューストンの南東約500kmにあり,4023m。フロリダ半島の西側,ユカタン半島の北側と西側には,広い大陸棚が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メキシコわん【メキシコ湾】

北アメリカ大陸の南東の湾。フロリダ半島・ユカタン半島・キューバ島に囲まれる。大西洋の付属海。沿岸と大陸棚には石油の埋蔵が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メキシコ湾
めきしこわん
Gulf of Mexico

メキシコの東に広がる、ユカタン半島とキューバ島、アメリカのフロリダ半島に囲まれた水域。南岸のメキシコのカンペチェ州に臨む内湾をとくにカンペチェ湾という。東はフロリダ海峡によって大西洋に、南はユカタン海峡によってカリブ海に通じている。面積約160万平方キロメートル。最深部は水深4376メートルのシグズビー海淵(かいえん)で、ミシシッピ川河口とユカタン半島先端の中間にある。ユカタン半島の北にカンペチェ堆(たい)の大陸棚が発達し、また湾中央部は水深3000メートル以上の平坦(へいたん)面となっている。カリブ海よりユカタン海峡を通って流れ込む赤道海流が、湾内で著しく勢力を増して、フロリダ海峡から流れ出る。9月は湾内を時計回りに流れ、12月はミシシッピ川河口に向かい、一部はメキシコに南下、フロリダ海峡に向かう。これがガルフストリームとなって大西洋沿岸を北上する。8月から9月にかけて、ハリケーンがカリブ海より北上し、湾岸からフロリダに被害を及ぼす。とくに夏型は北大西洋の高気圧が強力で、西進してグアテマラやメキシコを襲う。メキシコ湾は漁業資源に恵まれ、エビ、スズキ、タイの漁獲が多く日本漁船も多く出漁している。また湾岸には油田が多く、アメリカはテキサスのヒューストンを中心として東西沿岸に、メキシコはタンピコからトゥスパン、ポサ・リカや南のカンペチェまで石油地帯が延びている。古代はマヤ、アステカの古代文明が栄えた地で、スペインのアメリカ進出以後、海賊が活躍した。当時の要塞(ようさい)も残っている。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メキシコ湾の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカ南アメリカアメリカ杉新大陸北米亜米利加汎アメリカ主義アメリカ アメリカ北アメリカ大陸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メキシコ湾の関連情報