コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルアミン メチルアミン methylamine

4件 の用語解説(メチルアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルアミン
メチルアミン
methylamine

アンモニアの1個の水素原子メチル基で置換した構造 CH3NH2 の化合物で,強いアンモニア臭をもつ気体。凝固点-93.5℃,沸点-6.3℃。アンモニアより強い塩基である。植物中にも見出されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メチルアミン(methylamine)

アミンの一種。刺激臭をもつ無色の気体。動植物質が腐敗分解するときに生じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メチルアミン【methylamine】

最も簡単な脂肪族第一アミン。化学式CH3NH2。アンモニアに似た臭いのする無色の気体。融点-93.46℃,沸点-6.32℃。アンモニアよりも強い塩基(塩基解離指数pKb=3.32)である。塩漬ニシンの汁,肉を食べた後の犬の尿,トウダイグサ科などの植物中に存在する。工業的には,アンモニアとメチルアルコールとを脱水触媒上で300~500℃に加熱して作る。実験室では,ホルムアルデヒドと塩化アンモニウムとを加熱してメチルアミン塩酸塩CH3NH2・HClとし,これにアルカリを作用させてメチルアミンを得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルアミン
めちるあみん
methylamine

脂肪族アミンの代表的なものの一つ。アンモニアの水素一原子をメチル基-CH3で置換した化合物。アンモニアに似たにおいの無色の気体。ニシンを漬けた塩水、肉を食べたイヌの尿中にみいだされる。また動植物質が腐敗分解するとアンモニアとともに生成する。メタノール(メチルアルコール)と塩化アンモニウムを塩化亜鉛とともに加熱すると得られる。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルのいずれにもよく溶ける。普通、水溶液あるいは塩酸塩の形で取り扱われる。塩基性は、アンモニアよりも強い。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチルアミンの関連キーワードアセトンアミンエチレン酸アミド第一アミンブタジエンブタンアミノ脂肪族アミノ酸脂肪族アミン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メチルアミンの関連情報