コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルアミン methylamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルアミン
methylamine

アンモニアの1個の水素原子をメチル基で置換した構造 CH3NH2 の化合物で,強いアンモニア臭をもつ気体凝固点-93.5℃,沸点-6.3℃。アンモニアより強い塩基である。植物中にも見出されることがある。木酢中にも微量存在する。一般に動植物が腐敗分解するときアンモニアとともに生じる。メチルアルコール,塩化アンモニウムを塩化亜鉛と加熱することにより合成する方法がある。皮なめしに用いられたり,有機合成に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メチルアミン(methylamine)

アミン一種刺激臭をもつ無色の気体。動植物質が腐敗分解するときに生じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

メチルアミン【methylamine】

最も簡単な脂肪族第一アミン。化学式CH3NH2。アンモニアに似た臭いのする無色の気体。融点-93.46℃,沸点-6.32℃。アンモニアよりも強い塩基(塩基解離指数pKb=3.32)である。塩漬ニシンの汁,肉を食べた後の犬の尿,トウダイグサ科などの植物中に存在する。工業的には,アンモニアとメチルアルコールとを脱水触媒上で300~500℃に加熱して作る。実験室では,ホルムアルデヒドと塩化アンモニウムとを加熱してメチルアミン塩酸塩CH3NH2・HClとし,これにアルカリを作用させてメチルアミンを得る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルアミン
めちるあみん
methylamine

脂肪族アミンの代表的なものの一つ。アンモニアの水素一原子をメチル基-CH3で置換した化合物。アンモニアに似たにおいの無色の気体。ニシンを漬けた塩水、肉を食べたイヌの尿中にみいだされる。また動植物質が腐敗分解するとアンモニアとともに生成する。メタノール(メチルアルコール)と塩化アンモニウムを塩化亜鉛とともに加熱すると得られる。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルのいずれにもよく溶ける。普通、水溶液あるいは塩酸塩の形で取り扱われる。塩基性は、アンモニアよりも強い。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メチルアミンの関連キーワードジメチルアミン(データノート)メチルアミン(データノート)トリメチルアミンオキシドテトラメチルアンモニウム魚の生臭みを消すには?ネオニコチノイド殺虫剤酸化トリメチルアミンジメチルホルムアミドジメチルヒドラジン水酸化アルミニウムアミン(化合物)トリメチルアミンホルムアルデヒドジメチルアミンフェニレフリントウダイグサ科メタメリズムマンニヒ反応2,4エチニル化

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android