コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルアミン メチルアミンmethylamine

4件 の用語解説(メチルアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルアミン
メチルアミン
methylamine

アンモニアの1個の水素原子メチル基で置換した構造 CH3NH2 の化合物で,強いアンモニア臭をもつ気体。凝固点-93.5℃,沸点-6.3℃。アンモニアより強い塩基である。植物中にも見出されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メチルアミン【methylamine】

最も簡単な脂肪族第一アミン。化学式CH3NH2。アンモニアに似た臭いのする無色の気体。融点-93.46℃,沸点-6.32℃。アンモニアよりも強い塩基(塩基解離指数pKb=3.32)である。塩漬ニシンの汁,肉を食べた後の犬の尿,トウダイグサ科などの植物中に存在する。工業的には,アンモニアとメチルアルコールとを脱水触媒上で300~500℃に加熱して作る。実験室では,ホルムアルデヒドと塩化アンモニウムとを加熱してメチルアミン塩酸塩CH3NH2・HClとし,これにアルカリを作用させてメチルアミンを得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルアミン
めちるあみん
methylamine

脂肪族アミンの代表的なものの一つ。アンモニアの水素一原子をメチル基-CH3で置換した化合物。アンモニアに似たにおいの無色の気体。ニシンを漬けた塩水、肉を食べたイヌの尿中にみいだされる。また動植物質が腐敗分解するとアンモニアとともに生成する。メタノール(メチルアルコール)と塩化アンモニウムを塩化亜鉛とともに加熱すると得られる。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルのいずれにもよく溶ける。普通、水溶液あるいは塩酸塩の形で取り扱われる。塩基性は、アンモニアよりも強い。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メチルアミンの関連情報