コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラミン メラミン melamine

翻訳|melamine

7件 の用語解説(メラミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラミン
メラミン
melamine

2,4,6-トリアミノ-1,3,5-トリアジンのこと。普通工業的には尿素をアンモニアの存在下で加熱して製造される。無色柱状晶。融点 347℃ (分解) 。熱水には可溶,エチルアルコールに難溶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

メラミン

プラスチック(メラミン樹脂)の原料となる化学物質。無色無臭の結晶で、化学式はC(3)H(6)N(6)。メラミンホルムアルデヒドを反応させると、メラミン樹脂ができる。プラスチック製品をはじめ、建築資材や接着剤などに使われる工業用の物質だが、食品に混ぜるとタンパク質を多く見せかけることができるため、中国で牛乳などに混入される事件が相次いだ。
メラミンの食品混入事件の皮切りとなったのは、2007年、アメリカなどに輸出された中国製ペットフード原料にメラミンが添加され、それを食べた犬や猫が大量死した事件。続く08年にはメラミンが牛乳に直接混入される事件が中国で発生し、メラミンに汚染された粉ミルクを飲んだ乳児数人が死亡したほか、5万人以上が健康被害を訴えた。この問題は中国国内だけにとどまらず、汚染乳を原料とした食品、飼料などが広く海外に流通していることが判明。日本でも大手食品メーカーなどの菓子や惣菜をはじめ多数の食品にメラミンが混入していることが明らかになった。
メラミンは窒素を多く含んでおり、これを水で薄めた牛乳に混ぜると、タンパク質(窒素量)の多い良質な牛乳に見せかけることができる。そのため、牛乳生産量の水増しをもくろんだ中国の生産者らが意図的に混入したと見られている。日本でも、タンパク質成分の偽装目的で、家畜用飼料にメラミン関連物質であるアンメリンが混入されるという事件が1969年に起きている。
毒性は農薬などと比べれば弱いが、大量に摂取すると、腎臓結石などの腎障害を引き起こす可能性がある。米国食品医薬品庁(FDA)では1日体重1kgあたり0.63 mg、欧州食品安全機関(EFSA)では1日体重1kgあたり0.5mg(関連物質含む)まで摂取しても健康への悪影響はないという安全基準(耐容一日摂取量)を設けている。日本では、メラミンが食品に使用されることはあり得ないとの観点から、こういった安全基準自体設けていない。
食品混入で急激に注目を浴びたメラミンだが、以前から消費者問題とは関わりの深い物質でもある。80年代、メラミン樹脂製の給食用食器から微量のホルムアルデヒドが溶け出すことが問題視され、メラミン容器の不使用運動が起きたこともある。
メラミン樹脂の国内生産量は14万トンと、プラスチック全体の1%程度。

(高野朋美 フリーライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メラミン

食器などに使われる樹脂の主原料となる有機化合物で、他の化学物質と反応すると結晶化し、腎臓障害を起こす恐れがある。昨年春には北米で、ペットフードを食べた犬や猫が大量死し、原料の中国産小麦グルテンにメラミンが混入していた。今月に入り中国衛生省が、メラミンが混入した粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡したり、腎臓結石などで重症となった患者が多数いたりすることを発表。検出濃度が高い商品は2563ppmにのぼった。

(2008-09-27 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メラミン(melamine)

尿素を高圧下でアンモニアと反応させるか、ジシアンジアミドを高圧下で加熱して得られる無色の結晶。熱水に溶ける。メラミン樹脂の原料。分子式C3H6N6

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メラミン

無色の結晶。融点250℃以下。熱水に可溶,アルコールに難溶。ジシアンジアミドHNC(NH2)NHCNをアンモニア存在下で加圧加熱してつくる。メラミン樹脂原料として重要。
→関連項目アンモニア合成フェノール樹脂メラミン樹脂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

メラミン【melamine】

尿素とアンモニアを加熱して得られる無色柱状結晶。昇華性がある。メラミン樹脂の原料。化学式 C3H6N6  2 、 4 、 6 -トリアミノ- 1 、 3 、 5 -トリアジン。 〔窒素が多く含まれることから、牛乳に加えることで、タンパク質が多く含まれるかのような検査結果が得られる。これを悪用し、ペット-フードや粉ミルク・牛乳などにメラミンを混入したため、2008年、健康被害が続出し問題となった〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メラミン
めらみん
melamine

複素環式アミンの一つ。シアヌルアミド(シアヌル酸アミド)、2,4,6-トリアミノ-1,3,5-トリアジンともよばれる。加圧下でジシアンジアミドと液体アンモニアとを反応させると得られる。無色の柱状結晶で、昇華性がある。熱水にはかなり溶けるが、冷水やエタノール(エチルアルコール)には溶けにくく、エーテルには溶けない。ホルムアルデヒドとともに加熱すると、重縮合してメラミン樹脂となるので、その原料として重要である。メラミン樹脂は耐水性、耐熱性などに優れているので、食器などの成形品、塗料などに用いられる()。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メラミンの関連キーワードプラスチック爆弾メラミン化粧板メラミン樹脂塗料繊維強化プラスチックデコラ廃プラスチック類マルスプラスチックメラミン樹脂化粧板アルキド・メラミン樹脂塗料伊藤忠プラスチックス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メラミンの関連情報