コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルロポンティ Maurice Merleau-Ponty

デジタル大辞泉の解説

メルロ‐ポンティ(Maurice Merleau-Ponty)

[1908~1961]フランスの哲学者。後期フッサール現象学に強い影響を受け、人間的主体としての身体をありのままに記述する独自の現象学を展開した。著「行動の構造」「知覚の現象学」「シーニュ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メルロポンティ【Maurice Merleau-Ponty】

1908~1961) フランスの哲学者。後期フッサールの影響から出発し、身体性や知覚経験など人間存在がもつ両義性の現象学的記述に新生面を切り開いた。サルトルとともに「現代」誌を創刊、実存主義の展開に指導的役割を果たした。著「行動の構造」「知覚の現象学」「弁証法の冒険」「シーニュ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

メルロポンティの関連キーワードサルトル弁証法新生面

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android