コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モダン・ジャズ モダン・ジャズ modern jazz

翻訳|modern jazz

3件 の用語解説(モダン・ジャズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モダン・ジャズ
モダン・ジャズ
modern jazz

1940年代中葉からリズム,旋律,和音に変革をもたらした新形式のジャズ音楽。アルトサックス奏者 C.パーカートランペット奏者 D.ガレスピーらによって創始され,ジャズを踊るための伴奏音楽から聞くための音楽に高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モダン・ジャズ

旧来のジャズを内容,スタイルともに大きく変えた1940年代のバップの流れをくむジャズのスタイルを広く指す言葉で,その後のクール・ジャズハード・バップなどを含むことも多い。
→関連項目エバンスエリントンジャレットデービストム・トムパウエルパーカーボーンモンク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モダン・ジャズ
もだんじゃず
modern jazz

スイング・ジャズがマンネリ化した1940年代前半に、野心的なチャーリー・パーカー、デージー・ガレスピーらがリズム、メロディハーモニーの三要素を改革、ビ・バップbe-bopバップと略称)という新しい理念のジャズを創造した。それ以後バップ手法に基づくジャズをモダン・ジャズと総称する。ただしスタイルが多様化したので、総称だけでは内容を知ることが困難でもある。[青木 啓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモダン・ジャズの言及

【ジャズ】より


[クールの誕生]
 パーカー・コンボのトランペット奏者マイルス・デービスは1948年,バップの革新的要素を,編曲を重視した九重奏団で演奏し,腕くらべ的で統制を欠いたジャム・セッションをグループ表現に高めたのであった。〈モダン・ジャズmodern jazz〉という言葉で呼ばれるようになったのもこのころであった。一方,東のウディ・ハーマンWoodrow(Woody) C.Herman(1913‐87),西のスタン・ケントンStanley(Stan) N.Kenton(1912‐79)といった白人リーダーは,ともにビッグ・バンドにバップの要素をとりいれて演奏し,若い有能な白人プレーヤーを育成して人気を得た。…

※「モダン・ジャズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モダン・ジャズの関連キーワードバップマルチラテラリズムバイラテラリズムナチュラリズムフェデラリズムユニラテラリズムちらりズムニュートラリズムプルーラリズムリズム&ブルース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モダン・ジャズの関連情報