コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モット転移 モットてんいMott transition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モット転移
モットてんい
Mott transition

温度や圧力を変化させることによって生じる絶縁体状態と金属状態との間の相転移のうちで電子間の相関に原因があると考えられる転移。絶縁体にたとえば圧力を加えると結晶の格子間隔が狭くなり,電子が移動しやすくなるために金属状態への相転移が起ると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

モット転移【Mott transition】

別名を「金属‐絶縁体転移」ともいう.強い電子相関が存在すると,電子は各原子の位置に局在していて,絶縁体を構成しているのだが,電子相関が弱まると電子は局在状態から結晶全体への遍歴状態へと移行し,伝導帯が生じて金属への転移が起こる.酸化ニッケルNiO)などでみられる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モットてんい【モット転移 Mott transition】

固体は電気の流れやすさに応じて,金属,半導体,絶縁体に分類されるが,半導体や絶縁体でも,圧力,温度,不純物濃度のような外的パラメーターを変えることによって金属状態に移ることができる。このような現象を金属・非金属転移というが,金属・非金属転移は,現象としては同じようにみえても転移を起こす機構は多彩である。イギリスのモットNevill Mottは,1949年に電子間のクーロン相互作用によって金属・非金属転移が起こることを予言したが,一般にクーロン相互作用の機構によって起こる金属・非金属転移をモット転移と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モット転移の関連キーワードキャベンディッシュ研究所モット絶縁体別名

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android