コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシン ヤシン Jassin, H. B.

4件 の用語解説(ヤシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤシン
ヤシン
Jassin, H. B.

[生]1917.7.31. 北スラウェシゴロンタロ
インドネシアの文学評論家。本名 Hans Bague Jassin。 1940年代から終始一貫して主流的な文学雑誌の編集部にあり,多くの新人の発掘に力のあった文壇の後見人ともいうべき存在。インドネシア文学各期の作品集の編纂,出版がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヤシン
ヤシン
Yāsīn, `Abd al-Salām

[生]1928.
モロッコの宗教指導者。かつては学校視察官の職にあり,英語とフランス語が堪能。1960年代にイスラム神秘主義哲学スーフィズムを実践し始めた。1970年代に入るとイスラムを政治的に解釈する傾向を強め,エジプトのイスラム主義者であるハサン・アル・バンナとサイード・クトゥブの著作から影響を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヤシン
ヤシン
Sheikh Ahmed Yassin

[生]1930年代半ば?. パレスチナトール
[没]2004.3.22. イスラエル,ガザ
パレスチナのイスラム主義指導者。パレスチナのイスラム原理主義武闘派ハマスを創設し,その精神的支柱となった。当時エジプト領だったガザ地区パレスチナ難民キャンプで育つ。少年時代に運動中の事故により脊髄を損傷,手足が不自由になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシン
やしん
Hans Bague Jassin
(1917―2000)

インドネシアの文芸評論家。北スラウェシのゴロンタロ出身。文芸誌『プジャンガ・バル』『キサー』『サストラ』などの編集者を務める。1953年からインドネシア大学文学部講師。インドネシア文学の「法王」「後見人」と称される彼に発掘された若い詩人・作家は数多く、その親身な育て方にも定評があった。1976年ジャカルタ文化センター内に設立されたヤシン文学資料館は、彼の第二次世界大戦前からのインドネシア文学に関する膨大な記録・資料を収めたもので、内外の研究者にとってきわめて貴重である。著書は35冊以上を数え、代表的な評論に『ハイリル・アンワル論』(1956)、『現代インドネシア文学評論集』全4巻(1953~67)がある。翻訳にはオランダの小説家ムルタテューリの『マックス・ハーフェラール』がある。評論「66年世代――一つの世代の勃興(ぼっこう)」が邦訳され『現代インドネシア文学への招待』(1993・めこん)に収録されている。[佐々木信子]
『アイプ・ロシディ編、松尾大・柴田紀男訳『現代インドネシア文学への招待』(1993・めこん)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤシンの関連キーワードペリシテ人パレスチナ難民パレスチナの人口動態パレスチナ暫定自治合意PLAPLFパレスチナ暫定自治政府パレスチナ人民連帯国際デーパレスチナ和平交渉国連でのパレスチナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤシンの関連情報