コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤジュル・ベーダ Yajur-Veda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤジュル・ベーダ
Yajur-Veda

ヒンドゥー教の聖典ベーダの一つ。祭祀で最も活躍するアドバリユ祭官に属する。祭祀において唱えられるヤジュス (祭詞) ,祭祀の準備,その過程における種々の所作や献供に関する規定などを記述する。サンヒター (本集) の構成によって『黒ヤジュル・ベーダ』と『白ヤジュル・ベーダ』との2種に分けられ,前者が祭詞などに合せて,それらの説明解釈を主体とするブラーフマナ部分を含むのに対し,後者はブラーフマナ部分を含まない。前者には『タイッティリーヤ』 Taittirīya,『マイトラーヤニー』 Maitrāyaṇī,『カピシュタラカタ』 Kapiṣṭhalakaṭha,『カータカ』 Kāṭhakaの4種のサンヒターがあり,それぞれアーラニヤカなどの付属文献をもつ。後者は『バージャサネーイ・サンヒター』 Vājasaneyi-Saṃhitāが本集として存し,『シャタパタ・ブラーフマナ』 Śatapatha-Brāhmaṇaなどの付属文献が伝えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤジュル・ベーダ
やじゅるべーだ
Yajur-veda

インド最古の聖典ベーダの一つ。アドバリユ祭官に属し、ベーダ祭祀(さいし)を知るうえに重要。サンヒター(本集(ほんじゅう))部分にブラーフマナ(祭儀書)を混入した「黒ヤジュル・ベーダ」と、両者が分離した「白ヤジュル・ベーダ」がある。[松濤誠達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤジュル・ベーダの関連キーワードイーシャー・ウパニシャッドヤージュニャバルキヤ法典ベーダ(インドの聖典)ヤージュニャバルキヤアタルバ・ベーダヤジュル・ベーダヒンドゥー教ベーダ時代ウェーバーベーダ文学ベーダ音楽バラモンスーリヤオーム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android