コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤハズソウ(矢筈草) ヤハズソウKummerowia striata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤハズソウ(矢筈草)
ヤハズソウ
Kummerowia striata

マメ科の一年草。日本全土,東アジアに分布し,北アメリカに帰化する。原野路傍に雑草として普通に生える。茎は高さ 10~50cm,根もとからよく分枝し,下向きの毛がある。葉は3小葉から成り,小葉は長さ1~1.5cmの長楕円形で鈍頭,托葉は淡褐色卵形で薄膜質である。8~10月に淡紅紫色の小さな蝶形花を1~2個腋生し,萼は短い伏毛があり,鐘形で5裂する。莢は小型で中に1個の種子を生じ,熟しても割れず,宿存萼をつける。小葉を引っぱると葉脈のところで切れ,矢筈形になるのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤハズソウ【ヤハズソウ(矢筈草) Japan clover】

道端,野原,河原などの日当りのよい草地でごく普通にみられる小型のマメ科の一年草。茎は根元で数本に枝分れして斜上し,細く,下向きの毛があり,長さ10~25cm。葉は掌状に3小葉をつけ,基部に卵形の托葉があり,頂小葉には柄がない。小葉は長楕円形,長さ10~15mm,側脈は小葉のへりに達しているため,葉先をつまむと矢筈のような形に切り取れ,これが和名のもととなった。花は1~6個が葉腋(ようえき)に集まってつき,8~9月に咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android