コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤハズソウ

百科事典マイペディアの解説

ヤハズソウ

日本全土,東アジア日当りのよい原野の路傍などに群生するマメ科一年草。葉は長さ10〜15mmの薄い小葉3枚からなり,小葉の上方を引っ張ると矢筈(やはず)形に切れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤハズソウ
やはずそう / 矢筈草
[学]Kummerowia striata (Thunb) Schindler

マメ科の一年草。茎は直立してよく分枝し、下向きの毛がある。葉は互生し、3小葉からなり、葉柄はごく短い。小葉は倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で、ちぎると側脈に沿って切れやすく、矢筈(やはず)形となる。名は、この形に由来する。托葉(たくよう)は膜質で茶褐色。8~9月、葉腋(ようえき)に花序を出し、紅紫色の小さな蝶形花(ちょうけいか)を数個開く。果実は裂開せず、中に1個の種子がある。日当りのよい道端、草地に生え、日本、および朝鮮半島、中国に分布し、北アメリカに帰化している。マルバヤハズソウK. stipulacea (Maxim.) Makinoは本種に似るが、茎に上向きの毛を生じ、小葉は倒卵形または狭倒卵形である。本州、九州、および朝鮮半島、中国北部・東北部に分布する。[秋山 忍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤハズソウの関連キーワードシルビアシジミ矢筈萩八筈草秋山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android