コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブミョウガ

百科事典マイペディアの解説

ヤブミョウガ

ツユクサ科の多年草。本州(関東以西)〜九州,中国の山野のやや湿ったところにはえる。は直立し高さ70cm内外,上部に長楕円形の葉が接近して互生する。夏〜秋,茎の上部に5〜6層になった円錐花序を出し,径8mmほどの白色花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブミョウガ【Pollia japonica Thunb.】

照葉樹林の林下に生えるツユクサ科の多年草(イラスト)。花序をつけていないときには外見がミョウガによく似ている。本州(関東以西)~九州,朝鮮,中国大陸,台湾に分布する。茎は高さ50~100cmで,上部は円錐花序となる。地下には細い根茎がある。葉は互生し,長さ20~30cm,幅3~6cm,表面はやや光沢があり葉裏に細毛がある。通常,茎の中ほどに集まってつく。ただし無花個体では葉は集まらず,やや2列互生状でミョウガに似る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブミョウガ
やぶみょうが / 藪茗荷
[学]Pollia japonica Thunb.

ツユクサ科の多年草。茎は直立し、数枚の葉を互生するが、おのおのの葉の節は接近しているので輪状にみえる。葉は狭長楕円(だえん)形で長さ20~30センチメートル、幅3~7センチメートル、平行脈があって先はとがり、上面はざらつく。7~9月、茎の先に密錐(みっすい)花序をつけ、全体の高さ0.5~1メートルになる。花序は数段にわたって輪生状に枝をつけ、おのおのの枝は集散状に花をつける。軸と枝には短い毛があってやや粘る。同じ株に両性花と雄花がつく。萼片(がくへん)は3枚、円形で厚みがあり白色。花弁も3枚あり卵形で長さ約5ミリメートル、白色で薄い。雄しべは6本。両性花では花柱が中央に出ているが、雄花では花柱は短く子房も退化して小さい。子房は初め白色で、発達すると茶色になり、熟すると径が約5ミリメートルの球形で光沢のある藍青(らんせい)色になる。液果のようにみえるが子房壁は薄く、のちに不規則に破れる。種子は黒色で表面にいぼ状の突起がある。暖帯林の下に生え、関東地方以西の本州から、九州、および中国大陸南部、台湾に分布する。名は、葉がミョウガと似ているためであるが、ミョウガの葉序は2列互生なので明らかに区別できる。[山下貴司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤブミョウガの関連キーワード照葉樹林竹蘭草笹竜胆茗荷草杜若

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android