コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマモモ

栄養・生化学辞典の解説

ヤマモモ

 [Myrica rubra].ヤマモモ目ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑高木で,果実を生食したりジャムなどに加工する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤマモモ

ヤマモモ科の常緑高木。本州(関東および福井県以西)〜沖縄,東アジア暖地山地にはえる。葉は革質で倒卵状長楕円形。雌雄異株。3〜4月,葉腋に短い尾状の花穂をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマモモ【Myrica rubra Sieb.et Zucc.】

暖地に生えるヤマモモ科の常緑高木(イラスト)。赤く熟した果実は食用として市販されることもある。英名はwax myrtle,bayberry,bay rum tree,waxberry,wild clove。中国名は楊梅。高さ20mに達する高木で,枝先に葉を密につける。葉は倒披針形で,長さ6~12cm,幅2~3cmとやや小型である。成木では全縁でやや裏に巻いているが,実生苗や若枝の葉には,大きな鋸歯が出る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマモモ
やまもも / 山桃
[学]Myrica rubra Sieb. et Zucc.

ヤマモモ科の高木。高さ15~20メートル。枝はもろく、多くの細枝がある。葉は長さ5~10センチメートルで広倒披針(ひしん)形または倒披針形、革質で先がとがる。成木は全縁または浅い鋸歯(きょし)があり、実生(みしょう)の幼苗期は葉縁の切れ込みが深い。雌雄異株。3月ころ葉腋(ようえき)に発育した花穂は、雌花序は長さ1~2センチメートルの棒状になり、柱頭は紅色で2裂した雌しべを4~5個つけ、雄花序は長さ3センチメートルの長い筆の穂先状になり、多量の花粉を飛ばす。果実は径1.5~2センチメートルの球形で、6~7月に成熟する。果色は濃紅赤色、赤色、帯淡紅白色などがある。甘・酸味が強く多汁で、生食のほか、砂糖漬け、焼酎(しょうちゅう)漬けにする。ジュースは淡紅色になる。樹皮は乾燥し楊梅皮(ようばいひ)とし、下痢や打撲症に効く。また諸媒染剤により、茶、黄、黄金、褐、緑黒色などの染料にする。関東地方以西から九州、および台湾を含む中国暖地に分布し、山地に生える。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤマモモの関連キーワードキリマンジャロ国立公園ヤチヤナギ(谷地柳)ヤクシマルリシジミコンプトニフィルムヤマモモ(山桃)徳島県小松島市楊梅皮・桃皮コンプトニア台島型植物群ミリセチンホルトノキ高知[県]徳島[県]カツラ科クルミ科久米島紬浮島の森夜末毛々也末毛々蝦夷山桃

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマモモの関連情報