コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンバルクイナ ヤンバルクイナ Gallirallus okinawae; Okinawa rail

3件 の用語解説(ヤンバルクイナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ
Gallirallus okinawae; Okinawa rail

ツル目クイナ科。全長約 30cm。頭上,背,尾,は褐色。喉の下嘴基部に近い部分,眼先,眼の後方部分は黒色で,眼の真下から側頸部にかけてよく目立つ白い筋模様がある。頸から腹は白と黒の細かい横縞模様。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤンバルクイナ

クイナ科の鳥で,1981年沖縄島北部で発見された新種。山階鳥類研究所員が同年6〜7月に与那覇岳(498m)の原生林で捕獲した。翼長約15cm,くちばしと脚が鮮紅色。
→関連項目クイナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤンバルクイナ
やんばるくいな / 山原秧鶏
Okinawa rail
[学]Rallus okinawae

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。全長約30センチメートル。頭上および背面は暗オリーブ褐色、顔とのどは黒く、目の後ろに白斑(はくはん)がある。上胸以下の下面は黒と白の横縞(よこじま)模様。嘴(くちばし)と足は赤い。飛翔(ひしょう)力はほとんどない。沖縄本島の特産種で、島の北部の山林に留鳥として生息している。ヤンバルは沖縄本島北部の国頭(くにがみ)地方の別名で、生息地を表している。この鳥は1981年(昭和56)に新種として記載されたが、日本国内で新種の鳥が発見されたのは、20世紀になって初めてである。1984年4月にみつかった巣は、シダと低木の生い茂った急斜面のシダの根元にあった。浅い皿状の地上のくぼみに枯れ葉や落ち葉を敷き、その中にクリーム色の地に褐色または淡青色の斑点のある5個の卵がみられた。発見の2日後に巣内には、多くのクイナ類の雛(ひな)と同様に黒色をした雛が3羽いたという。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤンバルクイナの関連キーワード水鶏山原水鶏鶴擬緋水鶏姫水鶏クイナ(秧鶏)クイナモドキ(秧鶏擬)バン(鷭)ヒクイナ(緋秧鶏)ヤンバルクイナ(山原秧鶏)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤンバルクイナの関連情報