コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユピテル Jupiter

翻訳|Jupiter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユピテル
Jupiter

ギリシア神話のゼウスと同一視された古代ローマの最高神。語源的にもこの両神の名は,インドのディアウスなどとも一致し,インド=ヨーロッパ語族に共通する天空神の名を継承したものである。ゼウス同様,雷を武器にし,高天から無量の魔術を行使しつつ世界を支配し,秩序と正義を維持する主権神で,マルスおよびクイリヌスとともに,フラメンと呼ばれる特別の神官を有し,元来はこの3神が,ローマ神界において三大主神格の地位を占めていたと思われる。3人の大フラメンたちのなかでも,ユピテルの祭司だったフラメン・ディアリスは当然最も地位が高く,祭司団のなかで,王の地位を継承したレックスに次ぐ位にあるとされ,日常生活でも妻のフラミニカとともに,さまざまなタブーに服さなければならなかった。エトルリア人の王たちにより,カピトリヌスの丘上に「至善至大なユピテル」 (ユピテル・オプティムス・マクシムス) の神殿が建設されてからは,ユノおよびミネルワと合祀されたカピトリヌスのユピテルが,ローマの最高神とみなされ,帝政期にはその崇拝が帝国の版図に入れられた各属州,植民・自治都市に移植された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ユピテル

古代ローマの主神。英語読みではジュピター。ローマのカピトリヌス丘にまつられるのが最重要の国家神としてのユピテル・オプティムス・マクシムス。ギリシアのゼウスと同一視され,ともに本来はインド・ヨーロッパ語系諸族の天空・気象神。
→関連項目ジュピター雷神

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユピテル【Jupiter】

古代ローマ人の最高神。英語読みではジュピター。ギリシア神話のゼウスと同一視された。その名はDieu pater(〈父なるディエウス〉の意)がつづまったもので,本来は,ゼウスと同じく,インド・ヨーロッパ語系諸族の天空神であるが,そこから進んでさまざまの気象現象をつかさどる神,さらには人間世界の動向をも定める神となり,ついには国家としてのローマの命運を支配する最高神として崇拝を集めるに至った。 気象の神としては,ルケティウスLucetius(〈光をもたらす者〉),プルウィアリスPluvialis(〈雨を降らせる者〉),トナンスTonans(〈雷をとどろかす者〉),フルグラトルFulgrator(〈稲妻を放つ者〉)などの名があり,光明神としての彼は,毎月のほぼ中日にあたるイドゥスIdusの日に,カピトリヌス丘の〈砦Arx〉と呼ばれる高みで,彼の神官フラメン・ディアリスflamen Dialisにより白い羊を犠牲に供された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユピテル【Jupiter】

〔英語読みは「ジュピター」〕
○ ローマの三主神の一。元来天空の神で気象現象をつかさどる。また正義・徳・戦勝の神で法の守護者。カピトリヌスの丘の大神ユピテル神殿に妃ユーノー・娘ミネルバとともに国家神としてまつられ、執政官の就任や将軍の凱旋など重要な国事には常に参拝された。のちギリシャ神話のゼウスと同一視されるにいたる。ジュピテル。
木星。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユピテル
ゆぴてる
Jup(p)iter

ローマ神話の主神。サトゥルヌスの子で、妻はユノ。英語読みはジュピターで、ギリシア神話のゼウスにあたる。その神話はほとんどギリシアからの借用であるが、ユピテルはゼウスと同一視される以前から、すでにローマの神々の中心に位置していた。ユピテルという名の源義は「天なる父よ」という意味で、彼はゼウス同様、元来はインド・ヨーロッパ語族にその名の起源をもつ天空神である。したがって雨、嵐(あらし)、雷鳴、稲妻などのさまざまな天候現象をつかさどる神となり、さらに農業、ことにブドウの栽培とも結び付く。ブドウの収穫祭ウィナリアはその祝祭である。またゼウスと同じく、彼はその聖木を樫(かし)、聖鳥を鷲(わし)としている。
 彼はその権能に応じて種々の呼称でよばれるが、国家的信仰の対象としては、戦勝をつかさどるユピテル・フェレトリウスが最古のものである。その神殿はカピトリウムの丘にあり、古くローマ建国の祖とされるロムルスが、ここにアクロン王から奪った最上の戦利品を奉納したという。また、戦闘における敗走を食い止め、戦陣を支える神としてユピテル・スタトル、また自由をつかさどる神としてユピテル・リベルとよばれ、それぞれの神殿をもっていた。彼はこのほかに倫理道徳をつかさどり、正義を嘉(よみ)し、また条約・誓言の神として偽誓(ぎせい)を罰する権能ももっていた。
 歴史時代のローマでは、ユピテル・オプティムス・マキシムス(至善至高の神ユピテル)の名で、国家的主神として崇拝された。これは文字どおりの最高神で、その神殿はカピトリウムの丘にあり、彼はそこにユノとミネルバを両わきに従えた形で祀(まつ)られていた。この神殿は国家の政治的行事の中心として、執政官が就任したときや、将軍が凱旋(がいせん)したときにはその報告のためかならず参詣(さんけい)がなされた。
 またこの神は、アルバノ山で毎年催されたラテン同盟の集まりで、ユピテル・ラティアリスとよばれてその祭神となった。[丹下和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のユピテルの言及

【カンピドリオ】より

…古代ローマ市の守護神ユピテルとユノ,ミネルウァの3神を祀る神殿,およびその神域となっていたローマ市の七つの丘のひとつ。別名カピトリーノCapitolino。…

【ゼウス】より

…その名は〈天空〉を意味する印欧共通基語*dyeusからきており,彼は天空神として雲,雷,雨,雪などの気象をつかさどる一方,人間社会の秩序の維持者とされた。ローマ人によってゼウスと同一視されたユピテルJupiterも,その名はDieu pater〈父なるディエウス〉の意で,本来ゼウスと同じ神である。 神話ではゼウスはティタン神のクロノスレアの子とされ,彼が世界の覇者となった経緯が次のように語られる。…

【ローマ】より

…現,イスタンブール)を建設し(330),帝国の重心を東に移動させた。 すでに3世紀後半,帝国の立直しのために帝権のイデオロギー的正統化が求められ,アウレリアヌスは太陽神の加護を求めたが,ディオクレティアヌスは古ローマの伝統に戻って〈ユピテルの地上の代表者(ヨウィスJovis)〉と称し,古ローマ宗教に賛成しないキリスト教徒の全国的な大迫害を始めた(303)。国家の命令によるキリスト教徒の処罰はすでにデキウス,ウァレリアヌスが始めていたが,その後それは鎮静化していたものであった。…

【ローマ神話】より

…しかし宗教性の点や,万物は神々による支配に服しているという洞察まで達した唯一の叡知を有する点では,すべての民族にまさる〉とあるように,ローマにも早くより独自の神崇拝が存在した。古くはユピテル,マルス,クイリヌスが三位一体をなして篤くまつられた。ユピテルは語源をギリシアのゼウスと等しくするインド・ゲルマン起源の天空神で,本来,日の明るさと気象とをつかさどる。…

※「ユピテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユピテルの関連キーワードインテルプレタチオ・ロマーナディウス・フィディウス凱旋式[古代ローマ]コンセンテス・デイジュピター交響曲カンピドリオの丘アンフィトルオモロー美術館ウィクトリアバールベックユウェンタスジュピテルユトゥルナリベルタスミネルウァバールベクテルミヌスローマ神話ジュノーテシュブ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユピテルの関連情報