コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーリー ユーリー Urey, Harold Clayton

6件 の用語解説(ユーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーリー
ユーリー
Urey, Harold Clayton

[生]1893.4.29. インディアナ,ウォーカートン
[没]1981.1.5. サンディエゴ
アメリカ物理化学者。モンタナ大学で動物学,カリフォルニア大学で化学を学び,モンタナ大学講師 (1919~21) を経てコペンハーゲンに留学 (23) ,N.ボーアのもとで研究。帰国後ジョンズ・ホプキンズ大学助教授 (24) ,コロンビア大学准教授 (29) ,同教授 (34) ,シカゴ大学教授 (45) ,カリフォルニア大学教授 (58) を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ユーリー(Harold Clayton Urey)

[1893~1981]米国の化学者。重水を分離し、水素同位体重水素を発見。第二次大戦中は原爆製造に参加し、戦後は平和運動を推進。1934年ノーベル化学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユーリー

米国の化学者。初めモンタナ大学で動物学を修め,のち化学に転じ,1921年カリフォルニア大学に入りG.N.ルイスに学び,1923年コペンハーゲンに留学しボーアに師事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユーリー【Harold Clayton Urey】

1893‐1981
アメリカの化学者。インディアナ州ウォーカートンの生れ。モンタナ大学で動物学を学び,のち化学に転じて卒業後一時化学会社に勤めた後,1919年モンタナ大学の化学の講師となった。さらにカリフォルニア大学のG.N.ルイスに学び,23年学位を得た後コペンハーゲンに留学し,N.H.D.ボーアのもとで学んだ。帰国後ジョンズ・ホプキンズ大学をへて,29年コロンビア大学準教授,34年教授となった。31年にはマーフィG.M.Murphy,ブリックウェッドF.G.Brickweddeとともに重水素を分光学的に確認し,また初めて重水を分離した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユーリー【Harold Clayton Urey】

1893~1981) アメリカの化学者。重水素を発見し分離に成功。同位元素の分離法を研究し、原爆製造にも参加。戦後は地球化学・宇宙化学を研究。平和運動の指導者としても知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーリー
ゆーりー
Harold Clayton Urey
(1893―1981)

アメリカの物理化学者。4月29日インディアナ州ウォーカートンに生まれる。モンタナ大学で動物学を学ぶ。第一次世界大戦中は徴用先のバレット・ケミカル社でTNT火薬生産用トルエンの製造に従事。終戦後モンタナ大学で2年間生物学を教え、1921年カリフォルニア大学化学科大学院に入学、ルイスに学ぶ。1923年学位取得後、留学先のコペンハーゲン大学ボーア原子物理学量子力学を学んだ。帰国後、ジョンズ・ホプキンズ大学准教授(1924)、コロンビア大学上級准教授(1929)、同大学教授(1934)を経て、1945年シカゴ大学教授となる。1923~1929年の間に原子構造と分光学に関する20編の科学論文を発表し物理化学者としての立場を揺るぎないものとした。1932年重水を分離し重水素を発見、この業績によって1934年ノーベル化学賞を受けた。第二次世界大戦中は、重水の製造、ウラン235(広島投下の原爆に使用)の生産の指導者として原爆製造(マンハッタン計画)に参加した。
 戦後、広島における惨禍を知り、原子エネルギーの国際管理の提唱、大西洋連邦運動の推進、マッカーシー旋風の不正に反対する運動の支持などを行った。1950年ごろから宇宙化学の分野に転じ、同位体効果による古代温度測定、天体の成因や地球起源などに関する研究を行った。1933~1940年『Journal of Chemical Physics』誌の編集者。1981年1月5日カリフォルニア州サンディエゴの自宅で死去した。[大友詔雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユーリーの言及

【タタールのくびき】より

… 旅程のきびしさと風俗習慣のちがいにより,伺候中または途中で病死したり(初めの100年間に6人),意図的に処刑,殺害されたり(10人以上)したロシア諸公も,14世紀にはむしろ,ロシア支配層の勢力削減をはかるハーンの介入政策を逆手にとって,諸公国・ハーン国間の複雑な対立と同盟関係のなかで自己の地位の強化をはかっていく。たとえば,モスクワ公ユーリーは,中傷によってトベーリ公ミハイルをハーン国で刑死させるが,自分もまたミハイルの息子に復讐されて,1325年ハーンの宮廷で落命する。まもなくトベーリ公国に反モンゴル的な民衆蜂起が起こると,ハーンの命令に応じてタタールの大軍とともにトベーリに侵入し,これを徹底的に弾圧したのは,ユーリーの弟でモスクワ公のイワン・カリタ(1世)であり,彼はその翌年,ハーンからウラジーミル大公位を許される。…

※「ユーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユーリーの関連キーワードアメリカインディアンインディアンナバホ語インディアナインディアナ兵士水兵記念塔ネイティブアメリカンインディアナポリス交響楽団レインウォーカーアメリカ・インディアンアメリカ・インディアン諸言語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユーリーの関連情報