コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ化銀 ヨウかぎんsilver iodide

翻訳|silver iodide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ化銀
ヨウかぎん
silver iodide

化学式 AgI 。淡黄色,無臭の粉末。比重 5.67,融点 552℃。水,酸には不溶であるが,濃ヨウ化水素酸に可溶,ヨウ化アルカリ,シアン化アルカリ溶液に易溶,アンモニアには難溶である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ化銀
ようかぎん
silver iodide

銀とヨウ素の化合物。暗所で硝酸銀水溶液にヨウ化カリウム水溶液を加えると沈殿する黄色結晶。感光性があり、紫外部から約480ナノメートルまでの波長の光に感じ、徐々に灰黒色となる。ハロゲン化銀のなかではもっとも難溶。濃アンモニア水にもほとんど溶けないが、シアン化カリウム、チオ硫酸ナトリウム、熱濃ヨウ化カリウム水溶液、濃硝酸に溶ける。結晶には三つの変態があり、常温から137℃まではγ(ガンマ)態、137~146℃でβ(ベータ)態、146℃~融点までα(アルファ)態が安定である。しかしこれらの転移速度は小さく、沈殿法で得られるものはこれらの混合物である。γ態は立方晶系、閃(せん)亜鉛鉱型構造。結合間隔Ag-I 2.80Å(オングストローム)。β態は六方晶系、ウルツ鉱型構造、結合間隔Ag-I 2.78Å。α態は立方晶系、乱れた構造で、結合間隔Ag-I 2.52~2.86Å。このα態は異常に大きな電導性がある。約1Ω-1cm-1。臭化銀と混合して写真乳剤に用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヨウ化銀の関連キーワードヨウ化銀(データノート)I. ラングミュアツァイゼル定量法ウルツ鉱型構造ダゲレオタイプ固体電解質電池ラングミュアハロゲン化物タルボタイプネスラー試薬光化学電池タルボット銀板写真法カロタイプ人工降雨ダゲール気象制御写真乳剤湿板写真人工雪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android