コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ化銀 ヨウかぎん silver iodide

翻訳|silver iodide

2件 の用語解説(ヨウ化銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ化銀
ヨウかぎん
silver iodide

化学式 AgI 。淡黄色,無臭の粉末。比重 5.67,融点 552℃。水,酸には不溶であるが,濃ヨウ化水素酸に可溶,ヨウ化アルカリシアン化アルカリ溶液に易溶,アンモニアには難溶である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ化銀
ようかぎん
silver iodide

銀とヨウ素の化合物。暗所で硝酸銀水溶液にヨウ化カリウム水溶液を加えると沈殿する黄色結晶。感光性があり、紫外部から約480ナノメートルまでの波長の光に感じ、徐々に灰黒色となる。ハロゲン化銀のなかではもっとも難溶。濃アンモニア水にもほとんど溶けないが、シアン化カリウムチオ硫酸ナトリウム、熱濃ヨウ化カリウム水溶液、濃硝酸に溶ける。結晶には三つの変態があり、常温から137℃まではγ(ガンマ)態、137~146℃でβ(ベータ)態、146℃~融点までα(アルファ)態が安定である。しかしこれらの転移速度は小さく、沈殿法で得られるものはこれらの混合物である。γ態は立方晶系、閃(せん)亜鉛鉱型構造。結合間隔Ag-I 2.80Å(オングストローム)。β態は六方晶系、ウルツ鉱型構造、結合間隔Ag-I 2.78Å。α態は立方晶系、乱れた構造で、結合間隔Ag-I 2.52~2.86Å。このα態は異常に大きな電導性がある。約1Ω-1cm-1。臭化銀と混合して写真乳剤に用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨウ化銀の関連キーワード金粉酢酸アルミニウムイソニコチン酸ヒドラジド銀粉ソルビン酸淡黄沃化銀硫化銀金硫黄BTB

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨウ化銀の関連情報