コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライン都市同盟 ラインとしどうめいRheinischer Städtebund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライン都市同盟
ラインとしどうめい
Rheinischer Städtebund

中世の最も有力な都市同盟の1つ。 1254年にウォルムスマインツなどの呼びかけで結成。加盟都市数は七十余に達し,北はブレーメンから南はチューリヒにまで及び,マインツ,トリール両大司教ほか多くの聖俗諸侯もこれに加わった。この頃ドイツでは皇帝権が衰微し,治安が乱れ諸侯の私的闘争が絶えなかったため,都市の相互協力によって治安を保ち,商工業の円滑化をはかるために結成されたものである。この都市同盟は大空位時代のドイツにおける有力な一勢力を形成したが,市民層の成熟が不十分であったため,57年いったん解体したのち,81年に再興された。しかし 88年封建貴族の連合勢力にウォルムスで敗れ,その政治的意義を失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ライン都市同盟【ラインとしどうめい】

1254年ライン川流域の都市が主導し,諸侯・農民団も参加して結成された都市同盟。同年結成のマインツ・ウォルムス同盟が母体で70以上の都市が参加。不法関税の撤廃,交易上の互恵のほか,一般的和平の確立,諸身分の原則的平等を掲げ,大空位時代の国土の治安維持を目的とした。
→関連項目シュワーベン都市同盟都市同盟マインツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラインとしどうめい【ライン都市同盟 Rheinischer Städtebund】

1254年マインツとウォルムスを主導者として結成された都市同盟。このころに始まるドイツの大空位時代に国土の治安を維持する目的でアーヘンリューベックレーゲンスブルク,チューリヒにまで広がる70余の都市に聖俗の諸侯や領主をも加えてできた大同盟で,不法関税の撤廃,交易上の互恵,ラント平和の確立を目ざしていた。翌1255年帝国議会で承認され,国王ウィルヘルム・フォン・ホラントの支持を得たが,その急死(1256)の後に行われた国王選挙(1257)が二重選挙に終わるという状況のなかで瓦解した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライン都市同盟
らいんとしどうめい
Rheinischer Stdtebundドイツ語

中世後期、ライン地方の諸都市間で結ばれた平和の保持、相互援助のための同盟で、2度ある。[平城照介]

第一次

大空位時代の政情不安に際し、1254年マインツとウォルムスの両都市間に結ばれた同盟に、オッペンハイム、ビンゲンの両都市が加わり、やがてアーヘンからチューリヒに至る70余の都市が加わり、多くの聖俗諸侯を含む大同盟に発展した。不法関税の撤廃、商業上の互恵、ラント平和の維持等の目標を掲げ、国王ウィルヘルム・フォン・ホーランドの承認を獲得したが、彼の死(1257)後の国王選挙で2派に分かれ、分裂、解体した。[平城照介]

第二次

1381年、フランクフルト・アム・マインが、「獅子(しし)同盟」に結集した騎士たちの攻撃を受けたのが契機となり、ふたたびライン諸都市間に同盟が成立し、すでに1376年以来結成されていたシュワーベン都市同盟との間に軍事援助協定を結んだが、1388年、ライン宮廷伯アルプレヒト2世をはじめとする諸侯軍に敗れ、翌年、国王ウェンツェルが、エガーの帝国平和令ですべての都市同盟結成を禁止した結果、解体した。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ライン都市同盟の関連キーワードケルン(ドイツ)都市同盟(中世)ニュルンベルクコブレンツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android