ラウリン酸(読み)ラウリンさん(英語表記)lauric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウリン酸
ラウリンさん
lauric acid

炭素原子数 12個の直鎖の一塩基飽和脂肪酸。化学式 CH3(CH2)10COOH 。ドデシル酸,ドデカン酸ともいう。白色針状晶で融点 44℃。グリセリドとしてやし油中に存在する。洗剤,界面活性剤原料となるラウリルアルコールの原料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラウリン酸【ラウリンさん】

化学式はCH3(CH21(/0)COOH。白色の結晶。ドデカン酸,ドデシル酸とも。融点44.8℃,沸点176℃(15mmHg)。水に不溶,エタノールに可溶。洗剤,可塑剤の原料となるラウリルアルコールの原料。ヤシ油中などにグリセリンエステルとして存在。
→関連項目ヤシ(椰子)油

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラウリンさん【ラウリン酸 lauric acid】

化学式CH3(CH2)10COOH。炭素数が12の飽和直鎖脂肪酸。融点44.8℃,沸点176℃(15mmHg),比重d450=0.8690,屈折率nD80=1.4191。熱湯にわずかに溶解するが,エチルアルコール,エーテルに易溶。天然のヤシ油,パーム核油などの中に約50%,グリセリドとして存在する。ヤシ油脂肪酸をメチルエステルとして精密分留,ケン化分解して,含水アルコール溶液から低温再結晶して調製する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウリン酸
らうりんさん
lauric acid

飽和脂肪酸の一つ。ドデカン酸ともよばれる。グリセリドの一種であるラウリンとして、やし油、ゲッケイジュの果肉油などの植物油中に含まれている。ラウリンの名はゲッケイジュの学名Laurus nobilis L.に由来する。やし油の混合脂肪酸をエステル化し、減圧下で分留したのち、けん化すると得られる。白色針状結晶で、水には溶けないが、エーテル、ベンゼンなどの有機溶剤にはよく溶ける。洗剤や界面活性剤に用いられるラウリルアルコールの原料となる。

[廣田 穰 2016年11月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

ラウリン酸
ラウリンサン
lauric acid

dodecanoic acid.C12H24O2(200.31).CH3(CH2)10COOH.グリセリドとしてやし油や月桂樹油など,種々の植物油中に含まれている.やし油の混合脂肪酸をエステル化し,減圧下で分留したのち,けん化すると得られる.無色の針状晶.融点44 ℃,沸点225 ℃(13.3 kPa),160~165 ℃(2.66 kPa).0.869.1.4183.水に不溶,エタノールに可溶,ベンゼン,エーテルに易溶.わずかであるが刺激性を有する.界面活性剤の原料に用いられる.[CAS 143-07-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報