コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナオ湖 ラナオこ Lake Lanao

3件 の用語解説(ラナオ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナオ湖
ラナオこ
Lake Lanao

フィリピン,ミンダナオ島北部,ラナオ台地にある湖。火山活動によってできた堰止湖で,湖面標高 700m,水深 273m。面積は 350km2で,ミンダナオ島では最大。南東方に連なる火山から多数の小河川が流入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラナオ‐こ【ラナオ湖】

Lake Lanao》フィリピン南部、ミンダナオ島西部にある湖。同国で2番目に大きい。主な町は北岸のマラウィ。アグス川が流出し、イリガン湾に注ぐ。水力発電により、同島の大半の電力を賄う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナオ湖
らなおこ
Lake Lanao

フィリピン南部、ミンダナオ島中西部にある湖。長さ35キロメートル、最大幅25キロメートル、面積339平方キロメートル、フィリピン第二の湖である。ラガン火山の北方台地上にあり、湖面は標高700メートル、最深点は南岸の近くで273メートルに達する。溶岩流などによる堰止(せきとめ)湖の一種で、湖の北端から流れ出たアグス川がイリガン湾に注ぐ。途中に滝があり、水力発電が行われている。湖岸一帯はマラナオ人居住の中心地である。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラナオ湖の関連キーワードスリガオミンダナオ海溝ミンダナオ島フィリピン諸島ナヨンピリピーノミンダナオ[島]フィリピンの金新人民軍(NPA)フィリピン・ミンダナオ紛争ラナオ[湖]