コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナオ湖 ラナオこLake Lanao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナオ湖
ラナオこ
Lake Lanao

フィリピン,ミンダナオ島北部,ラナオ台地にある湖。火山活動によってできた堰止湖で,湖面標高 700m,水深 273m。面積は 350km2で,ミンダナオ島では最大。南東方に連なる火山から多数の小河川が流入。北岸から流出するアグノ川のマリアクリスティナ滝は発電に利用されている。湖岸にはマラウイなどイスラム教徒の町が発達し,漁業も盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラナオ‐こ【ラナオ湖】

Lake Lanao》フィリピン南部、ミンダナオ島西部にある湖。同国で2番目に大きい。主な町は北岸のマラウィ。アグス川が流出し、イリガン湾に注ぐ。水力発電により、同島の大半の電力を賄う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナオ湖
らなおこ
Lake Lanao

フィリピン南部、ミンダナオ島中西部にある湖。長さ35キロメートル、最大幅25キロメートル、面積339平方キロメートル、フィリピン第二の湖である。ラガン火山の北方台地上にあり、湖面は標高700メートル、最深点は南岸の近くで273メートルに達する。溶岩流などによる堰止(せきとめ)湖の一種で、湖の北端から流れ出たアグス川がイリガン湾に注ぐ。途中に滝があり、水力発電が行われている。湖岸一帯はマラナオ人居住の中心地である。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラナオ湖の関連キーワードラナオデルスル州クダラット

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android