コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングドック ラングドック Languedoc

4件 の用語解説(ラングドックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラングドック
ラングドック
Languedoc

フランス南部,地中海沿岸西部の地方。旧州。アルデーシュ,ガールエローの3県と,オード県の大部分,および周辺6県の一部から成る。ローヌ河口以西地中海岸の低ラングドックと,ガロンヌ川とその諸支流の上流域に広がる高ラングドックに分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラングドック

フランス南西部の地方で,旧州名。フランス語langueは〈言葉〉の意で,もとはオック語フランス語)が話される地域全体をさした。のちにトゥールーズ伯領とほぼ同じ地域をさすようになり,現在,地理的にはピレネー北東麓からセベンヌ山地南東麓,ローヌ川下流域,地中海沿岸に及ぶ地域をさす。
→関連項目モンペリエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラングドック【Languedoc】

フランス南西部の地方名。18世紀までの古い州名に由来する。範囲については,現今では多少の異同があるが,一応は次の各部分からなる。エロー,ガール,アルデシュ各県,オートガロンヌタルン県の大部分,オート・ロアール,ロゼール,タルン・エ・ガロンヌ,アリエージュ県の一部。地理的には,東をローヌ川,南東を地中海(リオン湾)で仕切られ,北はマシフ・サントラル(中央山地)の南端を含みつつも,ほぼこの山地で区切られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラングドック
らんぐどっく
Languedoc

フランス南部の歴史的地方名、旧州名。北はマッシフ・サントラル(中央群山)南東縁、南は地中海、東はローヌ川、西はトゥールーズ付近に挟まれた地域。その範囲は時期により多少異なるが、現在のアルデシュ、エロー、オード、ガール、ロゼール各県の大部分と、アリエージュ、オート・ガロンヌ、オート・ロアール、タルン、タルン・エ・ガロンヌ各県の一部にほぼ該当する。もとオック語langue d'ocが話された地域で、「ラングドック」は「オック語」の意味である。トゥールーズを中心都市とする上ラングドックと、モンペリエを中心都市とする下ラングドックに分けられる。今日地理的には後者だけをいう。北のセベンヌ地方は石灰岩台地で不毛であるが、南の地中海沿岸地方は沖積平野ブドウの栽培が盛んである。ワインの品質はあまりよくないが、生産高はフランス第一位である。また灌漑(かんがい)による野菜栽培も盛ん。[青木伸好]

歴史

紀元前2世紀にローマ人がこの地に進出し、現在のトゥールーズ、モンペリエ、ナルボンヌなどの都市はいずれもローマ時代に起源をもつ。勢力の衰えた西ローマ帝国にかわって西ゴート人がこの地に移住し、紀元後419年に西ゴート王国を建て、トゥールーズに都を置いた。8世紀に入るとイスラム教徒の侵入が始まり、西ゴート王国は滅びた。8世紀末シャルルマーニュ(カール大帝)は、イスラム教徒に対する防護のため、この地をアキテーヌ王国に統合した。9世紀には事実上独立の公領となったが、924年トゥールーズ伯領が成立し、この地方の中核となった。宗教的には異端発生の風土をもつといわれ、宗教的争乱が多発しているが、マニ教に影響されたアルビジョア(カタリ)派を絶滅させるために起こされた、13世紀初めのいわゆるアルビジョア十字軍の争乱が有名で、この後東部地方が1229年にフランス王国領に併合された。西部地域は百年戦争中イギリスのエドワード(黒太子)の軍に劫掠(ごうりゃく)されたためフランス王家に傾き、これもやがて王国領に統合されていく。16世紀に至り新教が浸透し、1621~29年に新教徒の蜂起(ほうき)が起こっている。フランス革命(1789~99)時代には、この地方は格別の動きを示さなかったが、1815年には王政派によるテロが多発した。しかし第二共和政時代には共和主義者の一拠点をなした。その後もこの伝統は続き、第三共和政下でも急進派、急進社会主義派、社会主義派の有力地盤を形成した。革命後は州としてのラングドックは解体され、前記の各県に分割された。[石原 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラングドックの関連キーワードシャイアバンスフランシュコンテサルララカネダミディピレネール・コンセール・スピリチュエルカベルネフランソービニヨンブランフランスワインペトリュス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラングドックの関連情報