コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラント平和令 ラントへいわれいLandfriedensgesetz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラント平和令
ラントへいわれい
Landfriedensgesetz

中世ヨーロッパ,特にドイツでの領域内の平和 (治安) 維持のための協定ないし法律。領域に応じて地方ラント平和令と帝国ラント平和令とがあるが,重要なのは後者である。帝国ラント平和令は神の平和,神の休戦の制度にならい制定されたもので,フェーデ (私闘) の制限ないし禁止規定,裁判による和解の強制,違反者に対する刑事的制裁規定を含み,中世社会の刑事法制および国制の発達に大きな影響を与えた。主要なものに最初の帝国ラント平和令であるハインリヒ4世の平和令 (1103) ,フリードリヒ2世の2つの大平和令 (1235) ,特に最後の平和令であるマクシミリアン1世の永久平和令 (1495) はフェーデを全面的かつ永久的に禁止したものとして知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラントへいわれい【ラント平和令 Landfriede】

中世社会には,およそ人間社会に普遍的な殺人,強盗,放火などの個別暴力行為のほか,権利主張の正当な手段としての戦闘行為(フェーデ)が行われていた。この事態に対し初期中世の王権は,ただ個々の係争に介入してその司法的解決を勧奨するにとどまったが,10世紀末フランスに始まる神の平和運動の理念を継承して,王権も12世紀初頭以来,折々の機会をとらえて,1年ないし4年の期間,暴力行為を一般的に禁止ないし制限する法令を公布し,しばしば戦闘行為能力あるもの全員に〈平和〉を宣誓せしめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラント平和令の言及

【ドイツ】より

…こうしてドイツは11~12世紀から大空位時代を経て宗教改革を迎えるときにいたってもなお,神聖ローマ帝国という擬制的帝国の名の下で実質的には割拠する諸侯の支配(ランデスヘルシャフト)の下におかれ,これらの諸侯も領域(ラント)内において中世末までは都市を完全に掌握するだけの力をもっていなかったのである。しかしながら,これらの領域支配圏のみが実質的には中世後期から近世にかけてドイツ国家の実体をなしており,このことは領域内の私闘(フェーデ)を禁止し,平和の確保を目的とするラント平和令がラントの範囲内でまず出されていたことにも示されている。ラント平和令が,まず〈神の平和〉として教会が発起者となって始められたものであることもこの時代の領域支配の性質を物語っている。…

※「ラント平和令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラント平和令の関連キーワード都市同盟(中世)ウェンツェル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android