ランベルト-ベールの法則

栄養・生化学辞典の解説

ランベルトベールの法則

 ベールの法則ベール-ランベルト法則ともいう.比色法の原理となる法則で,ある物質の特定の波長についての吸光度は物質の濃度と吸収層の厚さに比例するとする法則.特にランベルトの法則という場合は,吸収層の厚さに比例するとする部分に限っていう.ベールの法則は逆に濃度に比例するとする部分.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android