コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマーヌジャ ラーマーヌジャ Rāmānuja

4件 の用語解説(ラーマーヌジャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーマーヌジャ
ラーマーヌジャ
Rāmānuja

[生]?
[没]1137
インドの哲学者,宗教家。伝説では 1017年カーンチー近郊シュリーペルンブドールで生れたとされるが,生年を 55年とする説もある。制限不二論 (ビシシタ・アドバイタ ) を唱えた。ビシュヌ教の伝説を継承。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラーマーヌジャ

インドの宗教思想家。〈被限定者不二一元論〉を唱える。ブラフマン梵(ぼん))は主宰神であるビシュヌと同一であり,熱烈な信愛(バクティ)でもって主宰神に帰依するなら神の恩寵(おんちょう)にあずかり,それにより解脱(げだつ)できると教えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラーマーヌジャ【Rāmānuja】

1017‐1137
中世インドの宗教家,哲学者。南インド,マドラス市の西,シュリーペルムブードゥールに生まれ,16歳で結婚,のちにカーンチープラムに住んで,シャンカラ派のヤーダバ・プラカーシャの教えを受けたが,意見の相違から師と訣別したという。処女作は,ウパニシャッドの趣旨を明らかにしようとした《ベーダールタ・サングラハVedārtha‐saṃgraha》であるといわれ,主著は《ブラフマ・スートラ》に対する最初の宗派的色彩をもった注釈《シュリー・バーシャŚrī‐bhāṣya》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーマーヌジャ
らーまーぬじゃ
Rmnuja
(1017―1137)

生没年については異説もある。インドのベーダーンタ学派の哲学者。ビシュヌ教の一派シュリーバイシュナバ派の開祖。南インドのシュリーペルムブドゥールに生まれ、正規の教育を受けたのち、ベーダーンタ哲学者のヤーダバプラカーシャの教えを受けた。しかし、師の学説に満足せず、ヤーダバのもとを去って、サンスクリットタミル両語の学問を統合したナータムニの流れをくむヤームナの学説を学んだ。ヤームナの後継者となった彼は、教義宣布のためインド各地を歴訪し、ビシュヌ派の神殿を復興して多くの信奉者を得た。主要な著作として、『ブラフマ・スートラ』に対する注釈書、ウパニシャッドを自説によって解釈した『ベーダールタ・サングラハ』、『バガバッド・ギーター』に対する注訳書などがある。これら諸作品を通じて、彼はベーダーンタの一元論哲学と、民間のビシュヌ信仰との総合を試み、神への信愛の道を説いて下層階級に精神的救済の道を開いた。[松本照敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラーマーヌジャの言及

【アールワール】より

…彼らの詩は10~11世紀ころに《ナーラーイラ・ディブヤ・プラバンダム》(四千詩節集,伝ナーダムニ編)というかたちで集成された。アールワールたちのかもし出した熱烈な一神教的雰囲気を背景に,やがてヤームナムニ,ラーマーヌジャなどの学匠(アーチャーリヤ)たちがシュリーバイシュナバ派の神学体系を確立した。【宮元 啓一】。…

【バクティ】より

…バクティは,とくに南インドのビシュヌ派諸派の間で重要視された。寺から寺へ渡り歩き,バクティにあふれた宗教詩を神像の前で歌い上げた,アールワールと呼ばれる神秘主義的詩人たちの言説は,やがて神学的に整備され,ラーマーヌジャによって一応の哲学的な完成を見た。彼によれば,個我が解脱するためにはバクティがなければならない。…

【汎神論】より

…つまり,ブラフマンのみが実在し,世界は虚妄であるという。これに対して,被限定者不二一元論を唱えたラーマーヌジャによれば,ブラフマンと個我と物質世界はすべて実在するものであり,性質をまったく異にしているから不一であるが,別の面からすれば個我と物質世界はブラフマンの様相であり,ブラフマンを限定している。この限定されたブラフマンは,限定者である個我,物質世界と切り離して考えることはできず,したがって不二であるという。…

【ビシュヌ派】より

…この派は,南インドのタミル地方で,バクティ(神への絶対的な帰依,信愛)の念にあふれた宗教詩を熱烈に歌いながら寺から寺へと渡り歩いたアールワールと呼ばれる一連の神秘主義的詩人たちの活動を基盤にして,シュリーバイシュナバ(シュリーとビシュヌ)派を生み出した。この派からは,有名な哲学者ラーマーヌジャが現れ,この派の教義をベーダーンタ哲学として整備し,シャンカラの不二一元論に対抗して被限定者不二一元論を唱導し,バクティを解脱への道の最高の手段とした。クリシュナビシュヌ【宮元 啓一】。…

【ラーマーナンダ】より

…インドの宗教家。シュリーバイシュナバ派のラーマーヌジャ派系統に属し,1434年ころにワーラーナシーに来てラーマ崇拝,すなわちクリシュナ,ラーダーに対してではなく,ラーマとシーターに対する純粋な信仰を広めた。シュリーバイシュナバ派が下層階級に同情をもちつつもカースト制度を是認していたのに反対し,その差別を撤廃した。…

※「ラーマーヌジャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラーマーヌジャの関連キーワードインド哲学インド綿シャンカラマドバヒンズー教ラーダークリシュナン印哲東インド武内義範サンバンダル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone