コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアリズム[美術] リアリズム[びじゅつ]realism

翻訳|realism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアリズム[美術]
リアリズム[びじゅつ]
realism

写実主義,現実主義。 G.クールベの「レアリスム」がまずあげられる。ドーミエの政治的風刺画,農民を描いた J.ミレーの作品なども含まれるが,これはイギリスの J.コンスタブルフランスの T.ルソー,G.ドービニーら外光派の風景画を介して印象主義へと続く。また 20世紀に入って,1930年代に社会的現実としての貧困や暴力を写実的に描く「社会的リアリズム」がドイツで提唱され,ソ連では「社会主義リアリズム」が支配的な教義となった。 (→リアリズム )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone