コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リリーサー releaser

百科事典マイペディアの解説

リリーサー

動物行動学用語。解発因とも。動物の生得的な行動を開始させるきっかけとなるもの。動作や色だけでなく,形,におい,鳴き声などもリリーサーとなる。動物はリリーサー全体に反応するのではなく,実際にはその特定の要素(これを鍵刺激と呼ぶ)に反応している。
→関連項目婚姻色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リリーサー【releaser】

解発因とも呼ばれる。動物の生得的な行動を発現させる刺激となるもので,動物の形態,色,発音,におい,動作などのあらゆる特性がリリーサーになりうる。この用語は,動物の行動には内的な動機づけがあり,それが外的な刺激によって解発されるという生得的解発機構の考え方と不可分のものである。 具体的な例をいくつかあげれば,多くのガのが放散するにおい(性フェロモン)は,雄の配偶行動を促すリリーサーである。雌を求めて飛び回る雄は,このにおいを感ずると発生源に定位し,やがて雌を探し出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リリーサー【releaser】

婚姻色のように、同種の動物に対しその種に固有な行動様式を発現させる刺激。形態・動作・匂い・鳴き声・色などがある。解発因。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リリーサー

解発因」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リリーサー
りりーさー
releaser英語
Auslserドイツ語

動物行動学(エソロジーethology)では、「本能的活動または気分(ムードmood)を引き起こす一定の刺激またはその複合体」と定義し、解発因または解発体と訳される。ある時期までは解発因と区別して使われることが多かった社会的解発因social releaserは、「生物体の一定の特徴またはその複合体をさし、同種または異種の個体に働きかけ、それに本能的行動を引き起こすもの」をさしていた。
 繁殖期のイトヨ(トゲウオの仲間)の雄の赤い腹は同種の雄の攻撃行動の、カイコガの雌の出す性フェロモンは雄の性的追跡行動の、ひよこの悲痛な叫び声は母親ニワトリの雛(ひな)に対する救援行動のそれぞれリリーサーである。リリーサーとよく似た用語にサイン刺激(鍵(かぎ)刺激、信号刺激)がある。サイン刺激はリリーサーに含まれるより厳密な概念であるが、現在ではほとんどリリーサーと同義に使われ、区別は困難である。
 動物学者ローレンツは、ある動物の個体がもっている身体的・行動的特性(形態、色彩、音、香り、身ぶり、行動など)が、同種他個体の特定の本能行動の連鎖を発動させている場合、その特性をリリーサーとよんだ。リリーサーは単純でかつ特殊でなければならないという生物学的要求を充足するように方向づけられた淘汰(とうた)圧を受けて進化し、それによって生得的行動が同種個体間で、容易にしかも誤りなく解発されることを保証している。しかし、このことは異種間などでリリーサーの特徴が模倣され、托卵(たくらん)などの擬態とよばれる行動の進化発現をも可能にした。また、親鳥の抱卵行動のリリーサーとしては、自分の卵よりも大きくて目だった模様のある卵がより有効であるというような超正常解発因super-normal releaserの例も多く知られている。人間では、正常なものよりも大きな乳房や瞳(ひとみ)などが性的により強い魅力をもつ。
 リリーサーによる本能行動の発現機構は、ドイツの動物学者ユクスキュルJ. von Uexkll(1864―1944)とローレンツが提唱し、オランダのティンバーゲンN. Tinbergen(1907―88)がまとめた生得的解発機構innate releasing mechanismとよばれる概念で説明された。この仕組みの中核は、動物の神経中枢には特定の行動に対応した特定の刺激(鍵)を認識する感覚系(鍵穴)が遺伝的に存在しているという考えである。リリーサーによって解発される反応の特徴の一つに異質的加重の現象がある。たとえば、メダカの雄の配偶行動は、雌の形や大きさ、運動速度など複数の刺激特性によって解発され、それらが相補的に働いている。誇示displayなどの社会行動の行動型(行動パターン)は、神経興奮の外的表現(叫び声や体色変化など)や、まったく別の行動(羽繕い、摂食など)が仲間個体に対して新しい伝達機能(威嚇、求愛、なだめ、挨拶(あいさつ)など)をもったリリーサーに変容したものが多い。このような本能行動の進化における変容過程を儀式化とよんでいる。[植松辰美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリリーサーの言及

【行動】より

…まず動物の内部で特定の行動に対する衝動driveまたは動機づけmotivationが高まる。そういう状態において適切な信号を伝えるリリーサー(解発因)に出会うと,生得的解発機構を介してその行動が解発されるというわけである。したがって,内的状態と外的条件が二つながらそろって,初めて適切な行動が解発されることになる。…

【コミュニケーション】より

…この過程は儀式化と呼ばれるが,儀式化を通じて行動は信号としてより効果的,象徴的なものとなる。受け手の側は送り手の側の行動全体に反応するのではなく,そのうちの一定の成分のみ(これをリリーサーと呼ぶ)を引金として受けとめるのであり,人工的なリリーサーによっても同じ反応を引き起こすことができる。したがって,動物のコミュニケーションにおける意味解読のコードは,遺伝的に決定されたものといえる。…

【生得的解発機構】より

…解発機構(ドイツ語でAuslösemechanismus)の語はK.ローレンツの提唱になる。動物の生得的な行動の背後にはそれを発現する潜在的エネルギーがつねに蓄えられた状態にあり,これを引き出すリリーサー(あるいは,それに含まれる鍵刺激)によってその行動が発現するという考えに基づくもの。ローレンツはこれを有名な水力学モデルで示した。…

※「リリーサー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リリーサーの関連キーワードローレンツ(Konrad Zacharias Lorenz)ディスプレーローレンツ刷り込み行動様式攻撃行動動因体色

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android